メインメニューを開く

モザンビーク海峡(モザンビークかいきょう、英:Mozambique Channel、ポルトガル語:Canal de Moçambique)は、アフリカ南東部、モザンビークマダガスカルとの間にある海峡。長さ約1,600km、幅400~800km。ヨーロッパアジアを結ぶ航路として重要であり、北部にコモロ諸島コモロおよびフランス領マヨット)、南部にバサス・ダ・インディア島ユローパ島などの島がある。北から南へモザンビーク海流が流れる。

モザンビークの排他的経済水域内では各国企業による液化天然ガス(LNG)生産計画が進んでおり、日揮がプラントを受注している[1]

範囲編集

国際水路機関はモザンビーク海峡の境界を以下のように定めている。[2]

主な島編集

出典編集

関連項目編集