モシェ・シャレット

モシェ・シャレットヘブライ語: משה שרת‎, Moshe(h) Sharett1894年10月15日 - 1965年7月7日)は、イスラエル政治家

モシェ・シャレット
משה שרת
Sharett.jpg
モシェ・シャレット
生年月日 1894年10月15日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ヘルソン
没年月日 (1965-07-07) 1965年7月7日(70歳没)
死没地 イスラエルの旗 イスラエルエルサレム地区エルサレム
出身校 イスタンブール大学
所属政党 マパイ
配偶者 ツィポラ・メイロフ
サイン Moshe sharett signature.svg

イスラエルの旗 第2代首相
内閣 シャレット内閣
在任期間 1954年1月26日 - 1955年11月3日
大統領 ハイム・ヴァイツマン
イツハク・ベンツビ

イスラエルの旗 初代外相
内閣 第1次ベン=グリオン内閣
シャレット内閣
第2次ベン=グリオン内閣
第3次ベン=グリオン内閣
在任期間 1948年5月15日 - 1956年6月18日

当選回数 3回
在任期間 1949年 - 1956年
テンプレートを表示

首相(第2代)、外相(初代)を務めた。

生涯編集

ロシア帝国の統治下であったウクライナのヘルソンで生まれる。1906年にオスマン帝国が統治していたパレスチナに一家は移住し、ラマッラーの北にあるアイン・シンヤ村の賃貸住宅に住んでいた。 1910年に彼の家族はヤッファ(現在のテルアビブ)移り住んだ。

ヘルズリヤヘブライ高校を卒業後、ロン・シュラミット音楽院を経て、イスタンブール大学に進学し法律を学ぶ。しかし第一次世界大戦が勃発したため帰国し、通訳としてオスマン帝国軍中尉に従事した。

シャレットはベン=グリオンら暗殺作戦に積極的な強硬派と比較して外交で自国の安全を担う穏健派に属していた。彼はレバノンのアル=スルフ首相と秘密裏に交渉しアラブ人との対立を平和裏に解決していたいと思っていたが、ベン=グリオンは反対し結果アル=スルフの暗殺を指示し両者の対立は決定的となった。[1]

その後もベン=グリオンとの対立は続きベン=グリオンは当時外務省に属していた政治局を自分の直属にし、またモサドと改名させた。

ベン=グリオンが退陣すると代わって首相の座に就き、穏健派のシャレットはそれまでとはうってかわり暗殺作戦を重視しなくなった。しかしフェーダインと呼ばれる秘密裏に訓練された、アラブ人のゲリラ部隊が繰り返し国境を侵犯し民間人の殺害や、インフラ破壊を繰り返す問題を解決できず、国防問題が進展しないため国防大臣にベン=グリオンを再び任命し、後に首相の座も譲った。[1]

家族編集

 
モシェ・シャレット(1936年)

1922年、ツィポラ・メイロフと結婚し2人の息子と1人の娘を持つ。

もとの姓はシェルトク(Szertok, Sherto(c)k)である。弟のイェフダー・シャレットは音楽家。

1954年から1955年までイスラエル首相を務めた。イスラエルの20新シェケル紙幣に肖像が使用されている。

脚注編集

  1. ^ a b 『イスラエル諜報機関 暗殺作戦全史 上: 血塗られた諜報三機関』早川書房、2020年6月4日。 

関連項目編集

外部リンク編集

公職
先代
ダヴィド・ベン=グリオン
  イスラエル国首相
第2代:1954年 – 1955年
次代
ダヴィド・ベン=グリオン
先代
(設置)
  イスラエル国外相
初代:1948年 – 1956年
次代
ゴルダ・メイア
党職
先代
ダヴィド・ベン=グリオン
マパイ党首
第2代:1954年 – 1955年
次代
ダヴィド・ベン=グリオン