メインメニューを開く
モシリュウの上腕骨の化石(国立科学博物館の展示)

モシリュウ(茂師竜)は、1978年に岩手県岩泉町のモシ(茂師)で発見された恐竜化石である。竜脚類上腕骨の一部が発見された。化石の状態の悪さから種同定も記載もされておらず、学名はない。「モシリュウ」は通俗名である。

目次

発見編集

日本では1934年に、当時日本領であった樺太からニッポノサウルスが発見されていたが、中生代には日本列島は形成されておらず大部分が海で、恐竜は生息していなかったので、日本では恐竜化石は発見できない、との先入観が学界を支配しており、恐竜化石は探求されなかった。1960年代には九州でカモノハシ恐竜の化石の産出が、1970年代には北海道で大型肉食恐竜とされるエゾミカサリュウの発見が報じられたが、前者は哺乳類の化石、後者はモササウルスの化石を誤認したものと判明した。

モシリュウは日本国内で発見された化石としては初めて恐竜と確定したものであり、これにより日本でも恐竜化石の存在が認められ、その後の全国各地での恐竜化石発見のきっかけとなった。

モシリュウが発見された地層は、白亜紀前期に形成された宮古層群であり、浅海から淡水域にかけて堆積した地層である。この宮古層群の軟体動物化石の研究を行ってきた東京大学理学部教授(当時)と、調査に同行した国立科学博物館研究員の2人が発見者となった。

分類編集

化石展のために日本に持ち込まれていた中国マメンチサウルスと比較した結果、近縁であるとされた。当時マメンチサウルスはディプロドクス科に分類されており、モシリュウも長らくディプロドクス科に含まれていた。

ところが、その後の研究の結果、マメンチサウルスは首が長いという共通点はあるものの、ディプロドクス科ではないことが明らかにされた。さらにマメンチサウルスはジュラ紀中期の恐竜でありモシリュウが発見された地層の年代(白亜紀)と合わない。また、モシリュウの化石はあまりに保存状態がひどく、詳細な分類上の特徴を有しないなどの理由から現在では所属不明の竜脚類とされている。実物化石標本が国立科学博物館に、レプリカが岩手県立博物館に展示されている。

参考文献編集

外部リンク編集