モスクワ・エキスポセンター

モスクワ・エキスポセンターロシア語: Экспоцентр英語: Expocentre)はロシア連邦の首都モスクワにある展示場。モスクワ中心部のクレムリンから西へ約3kmの、モスクワ川に沿った場所にあり、モスクワ・シティに隣接している。ロシアでは単に「ヴィスタボチュナ」( ロシア語: Выставочна、展示場)とも呼ばれている。

地図

歴史編集

この展示会場は30年余の歴史がある。[1]

  • 1970年代中頃、モスクワ川に面したクラースナヤ・プレスニャ公園に新しい展示センターを作る決定がなされた。
  • 1977年、1号館が完成した。
  • 1978年、初めての展示会がここで開催された。
  • 1980年代、2号館とフォーラムが建設された。
  • 2004年、7号館が完成し、会議場としての拡張がなされた。
  • 2008年、9号館(20,000平米)が完成した。

アクセス編集

モスクワ地下鉄フィリョーフスカヤ線の支線で、

  • ヴィスタヴァチュナヤ駅(エキスポセンター前、以前のデラヴォイ・ツェントル駅またはメジュドゥナロードナヤ駅から2009年に改名)

の前にある。この支線の次の駅である

  • メジュドゥナロードナヤ駅(モスクワ・シティ駅から改名、現在は終点)

で下りてもいい。 サイトマップを参照。

活動編集

  • Oil & Diamonds 2009 (自然資源フェア)、6月23日 - 26日
  • Khimia 2009 (科学工業フェア)、9月28日 - 10月2日

現在、モスクワの大型の国際的な展示会はほぼすべてここで行われ、その他は全ロシア博覧センターなどで開催されている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯55度44分50秒 東経37度36分18秒 / 北緯55.74722度 東経37.60500度 / 55.74722; 37.60500