モトール・シーチ

モトール・シーチウクライナ語: АТ «Мотор Січ»)は、ウクライナザポリージャに本社を置く航空用エンジンや産業用ガスタービンエンジンの製造メーカーである[2][3]

モトール・シーチ持株会社
業種 航空用エンジンの開発、製造
設立 1907年
本社 ザポリージャ, ウクライナ
製品 航空用エンジン, ターボジェットエンジン
増加 UAH 12億 (2010)[1]
総資産 増加 UAH 62億 (2010)[1]
従業員数
21,860人 (2010年12月時点)[1]
ウェブサイト http://www.motorsich.com/

ソビエト連邦時代からアントノフ An-124アントノフ An-225に搭載されるD-18TターボファンやD-36/D-436シリーズなど様々な航空機の航空用エンジンを生産してきており[2][3]ソビエト連邦の崩壊後もカモフミルMi-24Mi-28などロシア連邦ヘリコプターの80%以上にエンジンを供給していた[4][5]

1991年から経営権を持つロシア系ウクライナ人実業家のヴャチェスラウ・ボフスライェウロシア語版英語版ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権に近い親露派の政治家でもあり、2014年9月にロシアとの取引が2014年クリミア危機の影響で制約を受けるようになった2015年からは中華人民共和国が主な顧客となって重慶でのエンジンの生産も合意した[4]

2017年9月に中国航空発動機集団の子会社である北京天驕航空産業投資有限公司(スカイリゾン)がモトール・シーチの株式の41%を取得するも安全保障を理由にウクライナの裁判所命令で一時凍結され[6]、翌2018年4月に強制捜査したウクライナ保安庁によれば中国共産党やロシアのウラジミール・プーチン政権との繋がりもある中国人富豪の王靖中国語版英語版の北京信威集団とともに実際は過半数の56%を中国企業に買収されていた[7][8][4][9][10]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b c Motor Sich JSC (2010年12月31日). “Motor Sich Annual Report 2010”. motorsich.com. Motor Sich JSC. 2011年7月12日閲覧。
  2. ^ a b Motor Sich. “Company history”. 2019年11月9日閲覧。
  3. ^ a b Defense World (2019年7月15日). “Chinese Firm Bids To Buy Ukrainian Aeroengine Company, Motor Sich”. 2019年11月9日閲覧。
  4. ^ a b c euromaidan press (2019年9月7日). “Chinese investments or expansion – all the facts behind sale of top Ukrainian aircraft company Motor Sich”. 2019年11月10日閲覧。
  5. ^ プラウダ (2019年8月28日). “Дракон зачаївся. Чому продаж "Мотор Січі" підриває національну безпеку України”. 2019年11月9日閲覧。
  6. ^ Zhen, Liu (16 September 2017). "Chinese firm's stake in Ukraine military aircraft engine maker 'frozen'". South China Morning Post.
  7. ^ ロシア・トゥデイ (2019年8月26日). “Offer they can’t refuse: US wants to block China from buying Ukraine aircraft engine factory”. 2019年11月10日閲覧。
  8. ^ 日本経済新聞 (2019年8月30日). “米中、ウクライナで覇権争い 中国は軍事技術に照準”. 2019年11月9日閲覧。
  9. ^ Радіо Свобода (2018年4月23日). “Чому СБУ проводить обшуки на «Мотор Січ»?”. 2019年11月9日閲覧。
  10. ^ ウォール・ストリート・ジャーナル (2019年11月5日). “Security Contractor Erik Prince Is in Talks to Acquire Ukraine’s Motor Sich”. 2019年11月10日閲覧。

外部リンク編集