メインメニューを開く

モナコ国際映画祭: The Angel Film Awards - Monaco International Film Festival of non violent films、エンジェル フィルム アワード・モナコ国際映画祭とも)は、モナコモンテカルロで2003年から開催されている非営利、無党派、インディペンデントの国際映画祭である。

賞には、最優秀作品賞(エンジェル ピース アワード)、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞、女優賞などがある。

概要編集

  • 暴力、セックス描写のない家庭向けの映画のみを対象とする。
  • 愛、平和、ワンネス(一体感)の映画を賞賛する。
  • 審査員は、利他主義の感覚を持った専門家から構成され、ディレクター、プロデューサー、映画撮影技師、脚本家、俳優、モナコ国際映画祭の創設者らを含む。

編集

主な賞には以下のものがある。

  • エンジェル ピース アワード(最優秀作品賞に当たる)
  • ベストフィルム賞(優秀作品賞)
  • ベストアクター賞(最優秀男優賞)
  • ベストアクトレス賞(最優秀女優賞)
  • ベストニューカマー賞(最優秀新人賞)
  • ベストディレクター賞(最優秀監督賞)
  • インディペンデントスピリット賞

日本人関係の受賞作品編集

純愛
2007年 - エンジェルピースアワード賞、ベストプロデューサー賞(プロデューサー:小林桂子)ベストサポーティングアクター賞(助演:ポン・ボー)、ベストサポーティングアクトレス賞(助演:チャン・シャオホワ)、インディペンデントスピリット賞
2009年 - ピースセレブレーションエンジェルフィルムアワード(特別賞)
受験のシンデレラ
2007年 - ベストフィルム賞、ベストアクトレス賞(主演:寺島咲)、ベストアクター賞(主演:豊原功輔)、ベストスクリーンプレイ賞
寄子
2007年 - ベストライター賞(脚本:棚木和人、松島恵利子)、ベストオリジナルストーリー賞(原作:香月秀之)(エグゼクティブプロデューサー:大和田廣樹OHWADA HIROKI、渡邊裕子)
涯(はて)への旅
2008年 - ベストディレクター賞(監督:高林陽一)、ベストナレーション賞(ナレーション・主演:高城ツヨシ)、ニューカマー賞(助演:遠藤久仁子)
花に無理をさせる
2010年 - ベストサポーティングアクトレス賞(助演:丸山桃子)
カケラ
2010年 - ヒューマニアリタン賞(監督:村上祐介 主演:松江貴広 桑田尚典 サイラス望セスナ)
彩~aja~
2012年 - ベストオリジナルストーリー賞、ベストカメラタグラファ賞、ベストオリジナルミュージック賞(作/監督/音楽:ふるいちやすし)、ベストニューカマー賞(主演:笠原千尋
「わたし」の人生(みち)[1]
2013年 - ベストアクトレス賞(主演:秋吉久美子)、ベストアクター賞(主演:橋爪功)、ベストアンサンブルキャスト賞、ヒューマニタリアン賞(監督:和田秀樹 エグゼクティブプロデューサー:井内徳次 及川次雄)
「京都、夏」[2]
2014年 - ベストアクター賞(主演:林与一),ベストサポーティングアクトレス賞(助演女優:若原瞳)、ベストディレクター賞(監督:戸田博)、ベストヒューチャースクリプト賞(脚本:戸田博)、インディペンデントスピリット賞
「インパール1944」
2014年 - ベストピリオドドラマ賞(脚本:梶岡潤一),ベストプロデューサー賞(プロデューサー:梶岡潤一)
「東京ボーイズコレクション~エピソード1~」(寺西一浩監督、主演:西村一輝、永尾まりや)

2016年 - エンジェルピースアワード賞(最優秀グランプリ)、最優秀主演男優賞(西村一輝)、最優秀助演女優賞(市来玲奈)、最優秀編集賞、最優秀音楽賞、

最優秀監督賞、最優秀Cast賞

「おとめ桜」(横山浩之監督)

2017年-短編部門 最優秀賞脚本賞 最優秀女優賞

「Naoki」(寺西一浩監督、主演:宮田悟志、永尾まりや)

2017年 - 最優秀作品賞、Special Mention(特別賞)受賞


「笑顔の向こうに」、
2018年 - エンジェルピースアワード賞,ベストサポーティングアクター賞(助演:丹古母鬼馬二)
「TOKYO24」(寺西一浩監督、主演:寺西優真、キム・グァンス、葉加瀬マイ)
2018年 - 最優秀主演男優賞(寺西優真)、最優秀主演女優賞(長谷直美)、最優秀助演女優賞(葉加瀬マイ)、最優秀プロデューサー賞(寺西一浩)
最優秀コシュチュームデザイン賞
「17歳のシンデレラ」(寺西一浩監督、主演:寺西優真、川津明日香)
2018年 - 最優秀脚本賞、Special Mention(特別賞)受賞

関連項目編集

外部リンク編集