メインメニューを開く

モニカ・ディケンズ(Monica Dickens, 1915年5月10日 - 1992年12月25日)は、イギリスの小説家。

目次

来歴編集

文豪チャールズ・ディケンズの曾孫として生まれ、上流階級の令嬢として育つ。看護婦や家政婦などの仕事ののち、出版社の編集者との出会いがきっかけとなって執筆を開始する。『なんとかしなくちゃ』(One Pair of Hands)で1939年にデビュー。英語圏では広く知られる作家。

作品編集

  • One Pair Of Hands (1939) 『なんとかしなくちゃ』
  • Mariana (1940)
  • One Pair Of Feet (1942)
  • Edward's Fancy (1943)
  • Thursday Afternoons (1945)
  • The Happy Prisoner (1946)
  • Yours Sincerely (1947)
  • Joy and Josephine (1948)
  • Flowers on the Grass (1949)
  • My Turn to Make the Tea (1951)
  • No More Meadows (1953)
  • The Winds of Heaven (1955) 『風の吹く日は』
  • The Angel in the Corner (1956)
  • The Heart of London (1961)
  • Cobbler's Dream (1963)『ポニー物語 馬の憩いの里』
  • The Room Upstairs (1964)
  • Kate and Emma (1965)
  • The Landlord's Daughter (1968)
  • The Listeners (1970) 『サマリタン』
  • Talking of Horses (1973)
  • Last Year When I Was Young (1974)
  • An Open Book (1978)
  • A Celebration (1984)
  • A View From The Seesaw (1986)
  • Dear Doctor Lily (1988)
  • Enchantment (1989)
  • Closed at Dusk (1990)
  • Scarred (1991)
  • One of the Family (1993)

日本語訳編集

  • 『なんとかしなくちゃ』(高橋茅香子訳、晶文社、1979年)
  • 『こんなふうに生きてみた』(片岡しのぶ訳、晶文社、1981年)
  • 『サマリタン』(村井洋子訳、未知谷、1992年)
  • 『風の吹く日は』(村井洋子訳、未知谷、1998年)
  • 『ポニー物語 馬の憩いの里』(村井洋子訳、未知谷、1999年)

参考文献編集

  • 『なんとかしなくちゃ』『サマリタン』訳者あとがき