メインメニューを開く

モノシリーのとっておき〜すんごい人がやってくる!〜

モノシリーのとっておき〜すんごい人がやってくる!〜』(ものしりーのとっておき すんごいひとがやってくる)は、フジテレビ系列2017年11月3日から2018年9月14日まで毎週金曜日 19:00 - 19:57(JST)に放送されていたバラエティ番組である。全25回。

モノシリーのとっておき
〜すんごい人がやってくる!〜
ジャンル バラエティ番組
企画 小松純也ベイシス
演出 川本良樹(総合、共同テレビジョン
出演者 古舘伊知郎フリーアナウンサー
山崎夕貴フジテレビアナウンサー
ほか
ナレーター 竹内友佳(フジテレビアナウンサー)
プロデューサー 中嶋優一CP
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2017年11月3日 - 2018年9月14日
放送時間 金曜日 19:00 - 19:57
放送分 57分
回数 25
モノシリーのとっておき〜すんごい人がやってくる!〜
モノシリーのとっておき偉人列伝
生ける競馬伝説 武豊SP
放送期間 2018年12月29日
放送時間 土曜日 19:00 - 21:00
放送分 120分
回数 1
モノシリーのとっておき
〜最強ビックリ映像祭2時間SP〜
放送期間 2019年2月2日
放送時間 土曜日 21:00 - 23:10
放送枠 土曜プレミアム
放送分 130分
回数 1
モノシリーのとっておき
最強ビックリ映像祭2時間SP
放送期間 2019年6月1日
放送時間 土曜日 21:00 - 23:10
放送枠 土曜プレミアム
放送分 130分

目次

概要編集

識者たち(モノシリー)から「とっておき」に関する情報を教えてもらう番組である。和室ちゃぶ台を挟んだリラックスした雰囲気にて、ゲストおよび識者たちを迎えるといった演出となっていた[1]。司会は2017年9月17日まで放送されていた『フルタチさん』にて司会を務めた古舘伊知郎山崎夕貴(フジテレビアナウンサー)が務めていた[2][3]

レギュラー放送終了から約3ヶ月後の2018年12月29日土曜日)19:00 - 21:00に復活して年末特番として『モノシリーのとっておき偉人列伝 生ける競馬伝説 武豊SP』が放送[4]

2019年2月2日(土曜日)21:00 - 23:10(『土曜プレミアム』枠)には『モノシリーのとっておき〜最強ビックリ映像祭2時間SP〜』と題して、2回目の特別番組を放送。同年6月1日(土曜日)にも同枠で『モノシリーのとっておき 最強ビックリ映像祭2時間SP』と題して、3回目の特別番組を放送。

出演者編集

放送リスト編集

ネット局編集

放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送日時 遅れ 脚注
関東広域圏 フジテレビ(CX) フジテレビ系列 2017年11月3日 - 2018年9月14日 金曜 19:00 - 19:57 制作局
岩手県 岩手めんこいテレビ(mit) 同時ネット
宮城県 仙台放送(OX) [注 2]
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS) [注 3]
静岡県 テレビ静岡(SUT)
石川県 石川テレビ(ITC)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
広島県 テレビ新広島(tss)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS)
富山県 富山テレビ(BBT) 2017年11月10日 - [注 4]
沖縄県 沖縄テレビ(OTV) 金曜 15:50 - 16:50 遅れネット
北海道 北海道文化放送(uhb) 不明 不定期放送 [注 5]
近畿広域圏 関西テレビ(KTV) 2017年11月14日 - [注 6]
福井県 福井テレビ(FTB) 2017年11月3日 - [注 7]
愛媛県 テレビ愛媛(EBC) [注 8]
  • あくまで全編ローカルセールス枠の番組であったため、通常時同時ネットの局であっても、一部ネット局では週によっては自主編成を行う場合があり、その場合は他日に振替放送するか臨時非ネットとする場合があった。
  • 最終回3時間スペシャルはテレビ宮崎を除くフジテレビ系列全局で放送。通常時の非ネット局では19:57開始の2時間短縮版を放送(19:00開始局も一部あり)。19:00開始局・19:57開始局のいずれでも21:49に飛び降りる局が多数あり。

スタッフ編集

レギュラー編集

  • ナレーション:宮坂俊蔵深川和征(共に途中から)、竹内友佳(フジテレビアナウンサー)
  • 構成:海老克哉、山名宏和、森一盛、水野守啓
  • ブレーン:山本宏章
  • リサーチ:稲津大周、JFK
  • TM:大嶋徹(以前はTD/SW)
  • TD/SW:菊池謙、古谷智樹
  • CAM:礒前裕之、河野広樹
  • VE:富田祐介、金子英樹
  • AUD:村脇昭一、藤橋浩司郎、安澤貴幸
  • 照明:奈良芳男
  • ロケ技術:共同テレビ取材技術部、ティ・ピー・ブレーン池田屋、宮崎利之、ネットビジョン、オフィス・ゾラ、広島放送、マリポーサ
  • 美術プロデューサー:木村文洋
  • デザイン:鈴木(青木)賢太(フジテレビ)
  • 美術進行:林勇
  • 大道具:裏隠居徹
  • 電飾:森智
  • 装飾:門間誠
  • アクリル装飾:斉藤祐介
  • 植木装飾:後藤健
  • モニター:伊藤拓也
  • CG:タカハシジュン
  • ヘアメイク:山田かつら
  • TK:本田悦子
  • 音効:川口匡暁
  • 編集:中川直喜、渡邉敬
  • MA:和光康彦
  • 協力:フジアールfmt
  • 広報:長谷川智子(フジテレビ)
  • デスク:榎本かすみ
  • 企画:小松純也(共同テレビジョン)
  • 制作→演出スタッフ:戸邉綾香、大野健太郎、内田優、西川亮太、富本純平、真木廉治
  • AP:河合ちはる(フジテレビ)、伊藤友紀(エスエスシステム)、橋本瑞枝(NOSCO)
  • ディレクター:阿部裕一郎、杉野将人、鴛海剛、守山龍之介、大塚隆史、松澤祐介、森山菜央子、常磐俊郎、橋田裕元、渡部修平、藤井雄真、柳川新吾、大関人夢、牛山淳志、田島大輔、野村緑、川田創、竜崎琢也(共同テレビジョン、以前は演出スタッフ)、畑川渉、佐古俊介、土橋和子
  • 演出:吉村慶介(共同テレビジョン)/渡邊美香(共同テレビジョン)、池端強(ロール・ワン)、河本誠司(frame inf)、中山建治(NOSCO)、西岡奈美(西岡→以前はディレクター、共同テレビジョン)
  • 制作プロデューサー:勝田久美子(共同テレビジョン)、小林靖子(エスエスシステム、以前はキャスティング)、佐藤正子(frame inf)、新村幸三郎(NOSCO)
  • 総合演出:川本良樹(共同テレビジョン)
  • プロデューサー:東園基臣(フジテレビ)、竹内康人(共同テレビジョン)
  • チーフプロデューサー:中嶋優一(フジテレビ)
  • 制作協力:共同テレビジョンframe inf、NOSCO
  • 制作:フジテレビ編成局制作センター第二制作室
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ (レギュラー)編集

  • 構成:星野さやか
  • CG:The king Maker
  • 広報:池田綾子(フジテレビ)
  • 演出:村山学(モンスターゾーン)/岡宗秀吾
  • 制作プロデューサー:中山佳祐、佐藤謙治(共に共同テレビジョン)

レギュラー終了後の不定期特番編集

2019年6月1日放送分
  • 構成:山名宏和、鮫肌文殊(鮫肌→第2回-)、森一盛、天野敏宏(第1回はとしひろ名義)、渡邊勇穂(第1回は真穂名義)、水野守啓(渡邉・水野→第1,3回)
  • リサーチ:田中奈緒、高橋勝喜、伊藤真由美(高橋→第1回-、その他→第2回-)
  • TD/SW:大嶋徹(共テレ、第2回までTM)
  • CAM:磯前裕之(共テレ)
  • VE:冨田祐介(共テレ)
  • AUD:村脇昭一(共テレ)
  • 照明:奈良芳男
  • 美術プロデューサー:副島翔太郎(フジテレビ)
  • デザイン:齋田崇史(フジテレビ)
  • アートコーディネーター:村瀬大
  • 大道具:宮路博貴(第1回は大道具制作)
  • 装飾:門間誠
  • アクリル装飾:松本健
  • 生花装飾(第3回):荒川直史(第3回)
  • 電飾(第2回-):後藤佑介(第1回は特殊装置)
  • ヘアメイク:山田かつら
  • CG:奥田真也
  • イラスト:タカハシジュン
  • TK:勝俣みふじ(第3回)
  • 音効:川口匡暁
  • 編集:小島嘉隆、勝呂康英(共に第3回)
  • MA:内田昭弘(第3回)
  • 技術協力(第3回):共同テレビ取材技術部、J-crew(共に第3回)
  • 協力(第3回):第一興商(第3回)
  • 映像協力(第3回):アフロ(第3回)
  • 広報:長谷川智子(フジテレビ)
  • デスク:榎本かすみ
  • 演出スタッフ(第2回-):戸邉綾香(第2回-)、蒲池遥希(第3回)
  • AP:伊藤友紀(エスエスシステム)、河合ちはる(フジテレビ)(伊藤→第2回-、河合→第3回)
  • ディレクター:西岡奈美、峰尾圭一、佐々木泰知、守山龍之介、福田和也、竜崎琢也(竜崎→共テレ)(竜崎→第1回-、西岡・福田→第2回-、峰尾・守山・佐々木→第3回)
  • 制作プロデューサー:勝田久美子、佐藤謙治(共に共テレ)、小林靖子(エスエスシステム)(佐藤・小林→第1回-、勝田→第2回-)
  • プロデューサー:竹内康人(共テレ)、河本誠司(第2回-、第1回はディレクター、frame inf.)
  • 総合演出:赤平卓(第2回-、frame inf.)
  • 企画・プロデュース(第3回):東園基臣(第3回、第1,2回はプロデューサー、フジテレビ)
  • チーフプロデューサー:中嶋優一(フジテレビ)
  • 制作協力:共同テレビ/frame inf.(frame→第2回-)
  • 制作:フジテレビ編成局制作センター第二制作室
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ(レギュラー終了後の不定期特番)編集

  • 構成:村上卓史、海老克哉(共に第1回)
  • ブレーン:山本宏章(第1回)
  • リサーチ:小島美一(第1,2回)、馬場英恵(第2回)
  • TD/SW:菊池謙(共テレ、第1,2回)
  • TK:小島陽子(第1回)、本田悦子(第2回)
  • 編集:中川直喜(第1回)、千葉南(第2回)
  • MA:和光康彦(第1,2回)
  • 協力:fmt、CUEVO(共に第1回)
  • 協力プロデューサー:本間学、太田光史(共に第1回・フジテレビスポーツ局)
  • 演出補:竹本恭一朗、賀雅夢(共に第1回)
  • 演出スタッフ(第2回-):富本純平、酒巻修太郎(共に第2回)
  • AP:今泉早智(第1回)
  • ディレクター:大塚隆史、松澤祐介、新垣博章、柴田尚人(共に第1回)、森山菜央子(第1,2回)、稲垣忠彦、杉野将人、土橋和子(共に第2回)
  • 制作プロデューサー:土倉広州、後藤妙子(後藤→バンエイト)(共に第1回)
  • 演出:京田宣良(第1回、バンエイト)
  • 総合演出:川本良樹(第1,2回、共テレ)
  • プロデューサー:吉川和仁、酒井範行(共に第1回、バンエイト)
  • 制作協力:バンエイト(第1回)

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 当初は『キリンチャレンジカップ2018 日本×チリ』(札幌ドーム。19:00 - 21:00。18:40 - 19:00に事前枠『まもなくキックオフ』も別途放送予定であった。)を放送予定であったが、北海道胆振東部地震発生に伴い中止となったため、代替番組として編成。
  2. ^ 毎月最終週は自社制作番組『仙臺いろは増刊号』放送のため休止となる。
  3. ^ 不定期で自社制作番組『フォーカス∞信州』放送のため休止又は遅れネットとなる。
  4. ^ 不定期で自社制作番組『BBTスペシャル』放送のため休止となる。初回は同番組を放送したため、第2回からネット開始。
  5. ^ 本番組の時間帯は『発見!タカトシランド』を放送している。
  6. ^ 2017年12月までは火曜 19:57 - 20:54にほぼ毎週放送されていたが、2018年1月より『今夜はナゾトレ』が毎週レギュラー放送されることになったため、同枠を同番組の遅れネットに変更。
  7. ^ 初回に限り、臨時同時ネットで放送。
  8. ^ 2018年3月までは通常時同時ネットだったが、2018年4月20日に、『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ制作)未放送分で穴埋めをし、4月27日から『快傑えみちゃんねる』の同時ネットに移行した。

出典編集

外部リンク編集

フジテレビ 金曜19:00 - 19:57枠
前番組 番組名 次番組
その原因、Xにあり!
(2016.10.28 - 2017.9.29)
モノシリーのとっておき
〜すんごい人がやってくる!〜
(2017.11.3 - 2018.9.14)
坂上どうぶつ王国
(2018.10.12 - )