モヒカン刈り

髪型
日本のモヒカン刈り

モヒカン刈り(モヒカンがり)は髪型の一種。日本語では棟髪刈りとも呼ばれる。頭部の左右を丸刈りあるいは剃髪して中央部分のだけを残す髪型で、一見ニワトリのトサカのように見える。

呼称編集

 
モホーク族の酋長、チャエンダネガー(英名ジョセフ・ブラント

日本では「モヒカン刈り」(Mohican hairstyle)の呼称が一般的であるが、この呼称はパンク・ロックと共にイギリス英語として輸入した語であり、アメリカインディアンであるモヒカン族との関連は薄い。また、「モヒカン」も本来の発音は「マヒカン」に近い。

アメリカ英語では、モヒカン族と同様にインディアンの一部族であるモホーク族の髪型に由来するモホーク刈りMohawk hairstyle)の呼称が一般的である。アルゴンキン語族と呼ばれる北東部のインディアンたちは、一般的に弓を射る際に邪魔にならないよう、頭の両側を剃りあげていた。歴史的に見ても、インディアンの中でモヒカン族だけがこの髪型を特徴としていた訳ではない。

歴史編集

紀元前の時代から、戦士たちが相手を威嚇するためのモヒカン刈りにすることがあった。クローニーカバンマンの遺体の髪型、パジリク古墳群の壁画に描かれた戦士の髪型、またヘロドトスが記述するリビア北部の部族Macaiの髪型などである[1]

紀元後では、インディアンポーニー族 (en) の間ではモヒカン刈りが行われていた他、16世紀のコサックホホール人もサイドを剃ってトップを伸ばして結ぶ髪型をしていた。第二次世界大戦中のアメリカ軍のGI(特に有名なものは第17空挺団)も敵を威嚇するためにモヒカン刈りをしていた。

しかし、現在的なスパイキーなモヒカン刈りは、特にロンドンのスローン・スクエアにたむろしていた若者の流行から来ている。これは、1970年代パンク・ファッションとして流行し、1980年代に派手な原色に染めたりスパイクのパターンも多様なモヒカン刈りが生まれた。

今日ではパンクに限らず様々な文化で見ることができる髪型になっている。

モヒカンの変形バージョン編集

  • 逆モヒカン - サイドではなくトップを刈り上げる、モヒカンの逆バージョン。
  • fauxhawk - サイドを剃らずにトップを逆立てるバージョン。
  • ソフトモヒカン - トップを盛り上げてモヒカンのような形にするバージョン。サイドは剃る必要はない。

モヒカンの有名人編集

クローニーカバンマン - 紀元前のアイルランドの人物。2003年に発見された遺体は、整髪料でモヒカンのように髪を逆立てている状態で見つかった。戦闘時に相手を威嚇するための髪型だったと言われている。

デヴィッド・ベッカム - イングランドのサッカー選手。2002年にソフトモヒカンの髪形であったことから、一躍人気となった[2]

ボバック・ファードーシ (en) - マーズ・サイエンス・ラボラトリーの管制室の職員。赤と黒のモヒカン刈りに黄色の星を配して、インターネット上で瞬く間に注目を集めた[3]

映画や漫画では、北斗の拳マッドマックスの敵キャラもモヒカン刈りの者が多い。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Herodotus. “The History of Herodotus, Book IV, ch. 175”. Project Gutenberg. 2015年3月2日閲覧。
  2. ^ 田嶋幸三『これだけは知っておきたい(30) サッカーの大常識』株式会社ポプラ社、2006年、106ページ、ISBN 4-591-09115-5
  3. ^ NASA管制室のモヒカン刈り職員、ネットで一躍有名に 頭に星のマーク”. CNN (2012年8月7日). 2012年8月20日閲覧。