モホロビチッチ不連続面

World map showing the position of the Moho.
Refraction of P-wave at Mohorovičić discontinuity

モホロビチッチ不連続面(モホロビチッチふれんぞくめん、: Mohorovičić discontinuity[1])とは、地震波速度の境界であり、地球地殻マントルとの境界のことである。日本ではしばしばモホ不連続面: Moho discontinuity[1])あるいはモホ面と略されることがある[2]

目次

概要編集

1909年クロアチア地震学者である、アンドリア・モホロビチッチによって発見されたためその名がある[3]地震観測の途上、地球内部において地震の初期微動であるP波の速さが変わる場所を発見した。この場所を、モホロビチッチ不連続面と呼んでいる。

モホロビチッチ不連続面を境に地震波の速さ、密度が(地殻で小、マントルで大)と急激に変化する。モホ面の深さは大陸部で深く、大洋底で浅い。海洋底では地下約5~6kmの場所にあり、大陸では地下約25~75kmの場所にある。

マントルでは地殻と比べ地震波が不連続に速い。この事実は、マントルが地殻よりも剛性率が不連続に高く、物理的に強固で変形しにくい、すなわち硬いことを示す。この見解は二十一世紀の現在でも広く受け入れられており、「地殻は硬くマントルは柔らかい」とする十九世紀の常識と相反する。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、96頁。ISBN 4-8181-8401-2[リンク切れ]
  2. ^ 「モホロビッチ不連続面」と記述されることもあるが、これは誤記である。
  3. ^ デジタル大辞泉の解説”. コトバンク. 2018年2月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集