メインメニューを開く

モリのいる場所』は、2018年5月19日公開の日本映画。監督は沖田修一

モリのいる場所
監督 沖田修一
脚本 沖田修一
製作 吉田憲一
宇田川寧
製作総指揮 永山雅也
出演者 山崎努
樹木希林
加瀬亮
吉村界人
光石研
青木崇高
吹越満
池谷のぶえ
きたろう
林与一
三上博史
音楽 牛尾憲輔
撮影 月永雄太
編集 佐藤崇
制作会社 日活
ダブ
製作会社 「モリのいる場所」製作委員会
配給 日活
公開 日本の旗2018年5月19日
上映時間 99分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3.3億円[1]
テンプレートを表示

30年もの間、ほとんど自宅を外出する事なく庭の生命を描き続け[2]、97歳で死去するまで生涯現役だった画家の熊谷守一を主人公に、晩年のある1日をフィクションで描いた作品[3]

夫婦役を演じた主演の山崎努樹木希林は、同一の文学座に在籍し50年以上の付き合いになるが、本作が初共演であった[3]

目次

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督・脚本:沖田修一
  • 音楽:牛尾憲輔
  • 製作:新井重人、川城和実、片岡尚、鷲見貴彦、宮崎伸夫、佐竹一美
  • エグゼクティブプロデューサー:永山雅也
  • プロデューサー:吉田憲一、宇田川寧
  • 撮影:月永雄太
  • 照明:藤井勇
  • 美術:安宅紀史
  • 装飾:山本直輝
  • 録音:山本タカアキ
  • 音響効果:勝亦さくら
  • 編集:佐藤崇
  • スクリプター:押田智子
  • VFXスーパーバイザー:小坂一順
  • 衣装:岩﨑文男
  • ヘアメイク:宮内三千代
  • 特殊メイク:百武朋
  • キャスティング:南谷夢
  • 助監督:安達耕平
  • 制作担当:大田康一
  • ラインプロデューサー:濱松洋一
  • 助成:文化庁文化芸術振興費補助金
  • 宣伝協力:文藝春秋
  • 協力:豊島区岐阜県
  • 特別協力:熊谷榧
  • 制作プロダクション:日活ダブ
  • 宣伝:レム
  • 製作幹事・配給:日活
  • 製作:「モリのいる場所」製作委員会(日活、バンダイビジュアルイオンエンターテイメントベンチャーバンク朝日新聞社、ダブ)

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.40
  2. ^ 山崎努主演「モリのいる場所」に加瀬亮&吉村界人&光石研らが出演決定!”. 映画.com (2017年12月7日). 2018年2月24日閲覧。
  3. ^ a b 山崎努&樹木希林、56年の時を経て夫婦役で初共演!”. シネマトゥデイ (2017年10月10日). 2018年2月24日閲覧。
  4. ^ “TAMA映画賞で「万引き家族」「寝ても覚めても」が最優秀作品賞に”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年10月4日). https://natalie.mu/eiga/news/302226 2018年12月22日閲覧。 
  5. ^ 内田也哉子、母・樹木希林さんの思い代弁 助演女優賞に「死人に賞をあげるなんて物好きねえ」”. 株式会社oricon ME (2018年12月18日). 2018年12月22日閲覧。
  6. ^ “ヨコハマ映画祭で「寝ても覚めても」が6冠、新人賞に唐田えりか、吉沢亮、木竜麻生”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年12月1日). https://natalie.mu/eiga/news/310407 2018年12月22日閲覧。 
  7. ^ 毎日映画コンクールで「万引き家族」が大賞ほか3冠、柄本佑と安藤サクラが主演賞”. 映画ナタリー (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  8. ^ 2018年 第92回キネマ旬報ベスト・テン”. KINENOTE. 2019年2月12日閲覧。
  9. ^ 2018年度日本インターネット映画大賞最終結果”. 日本インターネット映画大賞ブログ (2019年2月8日). 2019年2月12日閲覧。

外部リンク編集