モリオネ古希: Μολίονε, Molione)、あるいはモリオニダイ古希: Μολιονίδαι, Molionidai)は、ギリシア神話の人物で、エーリス地方の英雄である。

アクトールの妻モリーオネー海神ポセイドーンの2人の子供エウリュトスクテアトスを指す。モリオネは双生児か、あるいは1つの身体に2つの頭を持つ結合双生児で、一説にから生まれたといわれる[1]モリオネモリオニダイは母モリーオネーにちなんだ呼び名で、アクトールにちなんでアクトリオーネーアクトリダイとも呼ばれる。

彼らはオーレノスデクサメノスの双子の娘たちと結婚し、エウリュトスはテーライポネーとの間にタルピオスを、クテアトスはテーロニケーとの間にアムピマコスをもうけた[2]。タルピオスとアムピマコスはヘレネーの求婚者の1人で[3]、後にアムピマコスとともにトロイア戦争に参加した[4][5]

神話編集

少年時代から青年時代編集

エーリスがピュロス王ネーレウスと戦争したとき、モリオネは少年だったにもかかわらず戦車に乗って参加した。しかしネーレウスの子ネストールに討たれそうになり、ポセイドーンが2人をで包んで救い出した[6]。彼らは成長すると優れた戦士となり、アクトールの領地を継いでエーリスの支配者の1人となった。このことから、後にギリシア人の間で特別に優れた体力を持つ男に対して「この男に向かってはモリオネもかたなし」という諺も生まれたほどである[7]。エーリス王アウゲイアースは家畜小屋の清掃の報酬でヘーラクレースと対立し追い払った後に、報復に備えてモリオネたちやアマリュンケウスと同盟を結んだ[8]。アマリュンケウスの葬礼競技ではモリオネは戦車競走の種目で優勝し、ネストースが勝利を独占するのを阻止した[9]。またカリュドーンの猪狩りに参加したともいわれる[10]

ヘーラクレースとの戦争編集

後にヘーラクレースがエーリスに攻めてきたとき、モリオネは軍を率いて戦い、ヘーラクレースの軍を苦しめた。やがてヘーラクレースは病にかかったので休戦したが、それを知ったモリオネは攻撃に転じ、多くの敵を殺した。ヘーラクレースは一時軍を退き、アルゴスに帰ったが、モリオネがイストミア競技祭に派遣されたことを知るとクレオナイで待ち伏せし、モリオネを射殺した[11][12][13]。最初彼らを殺した者は分からなかったが、母モリーオネーが自ら調べ、ヘーラクレースの仕業であると突き止めた[14]

系図編集

 
 
 
 
 
 
アイオロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アエトリオス
 
カリュケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデュミオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイトーロス
 
パイオーン
 
 
 
アミュターオーン
 
エペイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレウローン
 
 
 
カリュドーン
 
アイオリアー
 
ヒュルミーネー
 
ポルバース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
エピカステー
 
 
 
 
 
 
 
プロートゲネイア
 
アレース
 
 
 
 
 
 
アクトール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポルターオーン
 
 
 
 
 
 
アポローン
 
デーモニーケー
 
アレース
 
オクシュロス
 
 
 
 
 
エウリュトスモリオネ
 
クテアトスモリオネ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリオス
 
 
 
 
 
ストラトニーケー
 
メラネウス
 
テスティオス
 
エウエーノス
 
モーロス
 
ピュロス
 
タルピオス
 
アムピマコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テルシーテース
 
 
 
 
 
 
 
エウリュトス
 
 
 
 
 
 
 
 
イーダース
 
マルペーッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペリボイア
 
オイネウス
 
 
 
アルタイアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レーダー
 
テュンダレオース
 
ヒュペルムネーストラー
 
オイクレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューデウス
 
デーイアネイラ
 
ヘーラクレース
 
アンドライモーン
 
ゴルゲー
 
メレアグロス
 
クレオパトラー
 
メネラーオス
 
ヘレネー
 
アムピアラーオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ディオメーデース
 
アイギアレイア
 
ヒュロス
 
 
 
トアース
 
プローテシラーオス
 
ポリュドーラー
 
 
 
 
 
ヘルミオネー
 
 
 
 
 


脚注編集

  1. ^ イービュコス断片2(カール・ケレーニイ『ギリシアの神話 英雄の時代』p.225)。
  2. ^ パウサニアース、5巻3・3。
  3. ^ アポロドーロス、3巻10・8。
  4. ^ 『イーリアス』2巻615行-624行。
  5. ^ パウサニアース、5巻3・4。
  6. ^ 『イーリアス』11巻706行-761行。
  7. ^ 『星のギリシア神話』p.119-120。
  8. ^ パウサニアース、5巻1・9-11。
  9. ^ 『イーリアス』23巻624行-650行。
  10. ^ オウィディウス変身物語』8巻。
  11. ^ アポロドーロス、2巻7・2。
  12. ^ パウサニアース、2巻15・1。
  13. ^ パウサニアース、5巻2・1。
  14. ^ パウサニアース、5巻2・1-2。

参考文献編集

関連項目編集