メインメニューを開く

モリシア津田沼(モリシアつだぬま、英称Morisia Tsudanuma)は、千葉県習志野市津田沼駅南口前に立地する複合商業施設である。

モリシア津田沼
Morisia Tsudanuma
Morisia Tsudanuma 001.jpg
地図
店舗概要
所在地 275-0026
千葉県習志野市谷津一丁目16-1
座標 北緯35度41分22.3秒 東経140度1分5.8秒 / 北緯35.689528度 東経140.018278度 / 35.689528; 140.018278座標: 北緯35度41分22.3秒 東経140度1分5.8秒 / 北緯35.689528度 東経140.018278度 / 35.689528; 140.018278
開業日 2008年平成20年)3月13日
正式名称 モリシア津田沼
商業施設面積 約93,000 m²
店舗数 122
営業時間 店舗により異なる
前身 サンペデック
最寄駅 津田沼駅新津田沼駅
最寄IC 花輪IC幕張IC谷津船橋IC湾岸千葉IC
外部リンク 公式サイト

2008年3月、複合商業施設「サンペデック」の名称変更を含め全面リニューアルした。

目次

概要編集

Morisia Shop(商店街、B1階 - 3階)、Morisia Restaurant(レストラン街など、4階 - 11階)、Morisia Office(オフィス棟、4階 - 11階)の3つのゾーンから構成され、駐車場は地下2階のほか、立体駐車場(Morisia Shop2階に連絡通路)と平面駐車場(提携駐車場)が1箇所ある。

2008年4月18日、3階全体にヤマダ電機 LABI津田沼店が出店した。

旧サンペデック時代を含めてテレビ局の取材を複数回受けているほか(千葉テレビCATV局を除く。TBS王様のブランチ』、テレビ東京ワールドビジネスサテライト』)、千葉テレビの『白黒アンジャッシュ』放送200回記念収録も2008年7月27日に当施設で実施された。

2017年8月31日、核店舗のイオンモリシア津田沼店が営業を終了。イオンリテールからダイエーへ吸収分割方式で営業権を移譲し、数日間の改装を経て9月5日にダイエーモリシア津田沼店としてリニューアルオープンすることとなり[1][2]、ダイエーとしては12年ぶりの当施設への再出店となった。

沿革編集

サンペデック編集

サンペデック(習志野サンペデック)は、モリシア津田沼の前身の複合商業施設。

戦前、津田沼駅周囲には陸軍鉄道連隊が設置され、戦後、南口跡地に津田沼町立第一中学校(後の習志野市立第一中学校)が開校した。1972年、同校は500mほど西に位置する庄司ヶ池跡のくぼ地に移転し、駅前の再開発が行われた。

1978年10月、駅南口に「習志野サンペデック」が習志野文化ホールと総合商業施設の複合施設として、駅前バスロータリー、ペデストリアンデッキとともに設置された。所有者は日本生命保険相互会社で、当初の主要テナントは高島屋ダイエー(旧)であった。のちに1988年8月28日をもって高島屋が撤退し、その跡地も旧ダイエーが借り上げてディスカウントストアエキゾチックタウン」を開店した。

後に男女別に改装され、両者が若干離れた位置となったが以前は2階中央付近にトイレが2か所あったのは高島屋が存在していた当時の名残でありダイエーと高島屋が壁で仕切られていた名残か階段もこの付近に2か所ある。

2002年4月25日、旧ダイエー津田沼店全面改装の際にエキゾチックタウンは旧ダイエー津田沼店に吸収された。後年、旧ダイエー津田沼店はイオンの津田沼出店も影響して業績が悪化しダイエー本体の産業再生機構からの支援が決まったことから2005年11月30日に一度全面撤退した(ダイエーはのちにイオングループ傘下となる)。

津田沼駅南口は北口に比して駅前再開発が著しく遅れ、サンペデック開業後も東側は千葉工業大学津田沼キャンパス、西南側は市街化調整区域で畑が広がる状態が長らくの間続くなど一次商圏の広がりに乏しく、1998年、西側隣接地にテナントビル「ブロック」(現・Loharu津田沼)が出店するまで事実上の孤立店舗状態で集客面にやや難があった。2007年、懸案であった谷津7 - 9丁目再開発(「奏の杜プロジェクト」。かつて畑が広がっていた西南側)が習志野市により着手、2013年4月には同地区に「奏の杜forte(フォルテ)」(キーテナントはベルク)が出店するなど商業環境も変化しつつある。

サンペデック内テナントは旧ダイエーを通して契約するもの(SC契約)と、サンペデックと直接契約するものと2種類存在した。SC契約の場合、電話回線はダイエー内の電話交換機を使用して旧ダイエー津田沼店の売り場および他テナントと内線で通話が可能だった。前者はサンペデックと直接契約を交わして存続する一部(アニメイト津田沼店など)を除き旧ダイエーとともに撤退したが、後者はその後も存続した。なお、モリシアに転換されるにあたりテナントが変わることで店舗の間取りの関係から現 Morisia Restaurant 側エレベーターの地下1階、および現 Morisia Office 側エレベーターの地下1階と3階は通過する処置がとられ、Morisia Office のエレベーター横の階段も2階と4階の間は閉鎖されている(正確には地下2階から4階の部分まで階段自体は続いてはいるものの3階は売り場に出ないため扉が閉鎖されており、4階の部分の出口は壁で塞がれている)。

旧ダイエー撤退後、日本生命は所有権を野村不動産野村不動産ホールディングス)に売却した。

現在でも外壁には旧ロゴの取り付け跡がうっすらと残っている。

テナント編集

出店テナント全店舗の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップガイド」を参照。

Morisia Shop編集

Morisia Restaurant編集

「Restaurant」を称するが、実際に飲食店が出店しているのは8階・9階・11階のみで、4階 - 7階は専門店、10階はカラオケボックスである。

Morisia Office編集

  • 日能研 津田沼校(6階)
  • 医系専門予備校 メディカルラボ 千葉津田沼校(7階受付、9階校舎)
  • 資格の学校 TAC 津田沼校(11階)

その他編集

  • 習志野文化ホール(4階) - 公益財団法人習志野文化ホールにより運営されている。文化行事が多数行われ、こども音楽コンクールではこちらの地区大会から、毎年多くの全国優秀賞を輩出する。

営業時間編集

店舗により異なる。詳細は公式サイト「営業時間のご案内」を参照。

駐車場編集

  • 地下駐車場(地下2階) - 入口は交差点近傍の立体駐車場向かいにあり、地下1階店舗納品車入口と共用になっている。
  • 立体駐車場(連絡通路は2階に連結) - 入口は5階へ直接向かうものと1階のもの、出口は3階から1階へ直接降りるものと1階のものがそれぞれ設置されている。
  • 平面(第2)駐車場 - 建物向かいにあり習志野文化ホールと兼用していたが、2013年3月31日をもって閉鎖された。なお習志野文化ホール業務用駐車場はその後も供用されている。
  • パートナー津田沼南口駐車場(提携駐車場) - かつてはサンペデック→モリシア津田沼平面(第3)駐車場として営業していた。平面(第2)駐車場閉鎖により、2013年4月1日より提携駐車場となった。
  • パートナー津田沼南口駐車場隣接のタワーパーキング(シティパーク津田沼)- かつてはダイエー・エキゾチックタウンの提携駐車場だったが2013年以降はモリシア津田沼と提携していない。
  • タイムズブロック(ユザワヤ)津田沼(提携駐車場) - 2013年7月20日から提携駐車場に加わったが、2014年10月31日をもって提携を解消。

旧サンペデック時代、建物西側に小規模な平面(第4)駐車場があった。モリシア津田沼になり平面駐車場(第4)が閉鎖された。2014年現在、旧第4駐車場は奏の杜地区の一角となり、旧第2駐車場は習志野市による都市再生整備計画が進行している。

周辺の商業施設編集

脚注編集

外部リンク編集