モリソン累層 (Morrison Formation)またはモリソン層は、北アメリカで最も豊かなジュラ紀恐竜化石産地で、アメリカ合衆国西部に見られる堆積岩で特徴的な地層である。泥岩砂岩シルト岩石灰岩で構成され、明るい灰色、緑がかった灰色、または赤色を示す。化石のほとんどは、緑色のシルト岩層と下部の砂岩、ジュラ紀の河川や氾濫原由来の化石を産出する。

モリソン累層
層序範囲: 後期ジュラ紀, 156.3–146.8 Ma
Green River UT 2005-10-14 2104.jpg
モリソン累層のはっきりした縞模様。岩層はDinosaur National Monument中に存在し、the Dinosaur Quarryで見つかるような化石を産出している
種別 累層
上層 Cedar Mountain Formation, Cloverly Formation, Lakota Formation
下層 Summerville Formation, Curtis Formation, Bell Ranch Formation
厚さ 200 m 以上
岩質
主な岩石 泥岩
その他の岩石 砂岩, シルト岩, 石灰岩
所在地
地域

Central North America:

アリゾナ州の旗 アリゾナ州
コロラド州の旗 コロラド州
アイダホ州の旗 アイダホ州
カンザス州の旗 カンザス州
モンタナ州の旗 モンタナ州
ネブラスカ州の旗 ネブラスカ州
ニューメキシコ州の旗 ニューメキシコ州
ノースダコタ州の旗 ノースダコタ州
オクラホマ州の旗 オクラホマ州
サウスダコタ州の旗 サウスダコタ州
テキサス州の旗 テキサス州
ユタ州の旗 ユタ州
ワイオミング州の旗 ワイオミング州
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[1]
模式断面
名の由来 Morrison, Colorado

この地層はワイオミング州コロラド州を中心とし、モンタナ州ワイオミング州モンタナ州ノースダコタ州サウスダコタ州ネブラスカ州カンザス州オクラホマ州テキサス州ニューメキシコ州アリゾナ州ユタ州アイダホ州にも露頭がある。カナダにも異なる名前の同じ層序の地層が存在する[2]地質学者古生物学者が露頭にアクセスできるのはごくわずかだが、面積は150万km2である。75%以上はまだ東の大草原の下に埋められており、その西部の古地理的範囲の多くは、ロッキー山脈の発達によって侵食された。

1877年にアーサー湖で最初の化石が発見されたコロラド州のモリソンにちなんで名付けられた。同年、骨戦争の中心地となった。コロラド州、ニューメキシコ州、ユタ州では、モリソン層がウラン鉱石の主要な供給源であった。

記載編集

地学的歴史編集

放射線年代測定によると、モリソン累層は1億5630万年前に堆積した[3]。地層の最上部は1億4580万年前のものと考えられ[4]、後期ジュラ紀のキンメリッジアン前期とチトニアン前期に当たる。これはドイツのゾルンホーフェンライムストーン累層タンザニアテンダグル累層と同一の層序である。年代と生物相はポルトガルロウリンニャ累層とよく似ている[5]。ミドル・ジュラシック・サマーヴィル、サンダンス累層、ベルランチ、およびスタンプ累層などの様々な地層はアメリカ西部全体を覆っている。

その頃、ローラシア大陸は北アメリカ大陸とユーラシア大陸に分断されようとしていたが、それらはまだ陸橋で繋がっていた。北アメリカは北へ移動し、亜熱帯域を通り過ぎた。

ニューメキシコ州からアルバータ州やサスカチュアン州の南部まで伸びるモリソン盆地は、ネヴァダ造山運動(ロッキー山脈を作り出した後の造山運動の前兆イベント)によって西に押し上げられ始めた。東向きの流域からの堆積物は、エルコ高地(現在のネバダ州とユタ州の国境沿い)からの河川によって運ばれ、沼沢に堆積した。低地、湖、河川、氾濫原がモリソン層を構成した。

北では、北極海の延長であるサンダンス海がカナダを通りアメリカまで伸びていた。 石炭がモンタナのモリソン層に存在するが、これは、海岸に沿った層の北部が、多くの植物の繁った沼地だったことを意味する。南西部には風で堆積した砂岩が見られる。これは、砂丘のある乾燥した砂漠を示している。

層序学編集

コロラド高原地域では、モリソン層はさらに4つの下位区分、または「部層」に分割される。最も古いものから最新のものまで、以下のとおりである。

 
ユタ州シスコの南にあるソルトウォッシュ部層の白みがかった砂岩の下にあるティッドウェル部層の赤泥岩。
 
コロラド高原のブラッシーベイスン部層。
  1. ウィンディヒル部層 :最古の部層。当時、モリソン盆地はサンダンス海の南岸に沿った浅い海と干潟の堆積によって特徴付けられていた。
  2. ティッドウェル部層 :サンダンス海はこのメンバーの間にワイオミングに後退し、湖畔や泥沢に置き換えられた。
  3. ソルトウォッシュ部層 :最初の純粋な陸成層。その盆地は、季節的な干潟のある半乾燥沖積平野だった。
  4. ブラッシーベイスン部層 : ブラッシーベイスン部層は、ソルトウォッシュ部層よりもはるかにきめの細かい、火山灰が豊富な泥岩で占められている。川は西から流れて、トゥーディチ湖と呼ばれる巨大なアルカリ湖と、現代のアンコンパーグル・プラトーのすぐ西に位置する広大な湿地を含む盆地に流れた。

モリソン累層の堆積物は1億4700万年前に終わった。モリソン層から次の層までの3000万年間は地質記録のギャップがある。上にあるユニットは、下部白亜系シーダーマウンテン累層、ブロキャニオン、ライトル、およびクローバリー累層である。

化石編集

モリソン累層の化石の多くは断片的であるが、それらは、キンメリッジ期のモリソン盆地の動植物の青写真を理解するのには十分である。全体的に気候サバンナと同様に乾燥していたが、植物相はかなり異なっていた。当時の主要な植物である針葉樹が、イチョウソテツ木生シダトクサなどとともにいた。 化石化した植生の多くは川岸であり、植物は氾濫原沿いに生息していた。 昆虫は現代のと非常によく似ており、シロアリは30mの巣を作っていた。川沿いには、カエルサンショウウオトカゲワニカメ翼竜ザリガニ二枚貝、および哺乳類が生息していた。

恐竜も同様に川岸に生息していた可能性が高い。 アロサウルスカンプトサウルスオルニトレステス など、数百体の恐竜化石が発見された。剣竜類ステゴサウルス と少し古い ヘスペロサウルス など数種類。初期の曲竜類は少なくとも ミモオラペルタ およびガルゴイレオサウルスの2種類。最も顕著なのは多種多様な竜脚類である。これらの種の少なくとも一部はその地域に巣を作っていることが知られているため(カンプトサウルスの胚が発見された)、移住性の季節的な個体群だけでなく、恐竜にとって良好な環境であったという兆しがある。

発見された竜脚類には ディプロドクスカマラサウルス (最もよく見られる竜脚類)、ブラキオサウルスアパトサウルスブロントサウルスバロサウルス、珍しいハプロカントサウルスマラアプニサウルスおよびスーパーサウルスなどが含まれる。竜脚類の多様性は、それらがすべて共存できた方法についていくつかの疑問を提起した。体の形は非常に似ているが(長い首、長い尾、巨大なゾウのような体)、すべてが同じ時間と同様の環境に存在するために、彼らは非常に異なる摂食戦略を持っていると想定されている。

ただし恐竜たちは川辺で生活していたとはいえ、決して一日の殆どを水中で過ごしていたのではなかった。これは現生のゾウサイカバワニの分布と照らし合せると分かる[6]。モリソン層の豊かな環境は多数の獣脚類を共存させており、彼らは多少なりとも餌を巡る生存競争が起きていた[7]

サイトとクオリー編集

 
国立恐竜記念公園の恐竜採掘場ビルディング

モリソン累層の重要な化石の発見が行われた場所は次のとおりである。

コロラド編集
 
フルータ古生物資源エリア
ユタ州編集
ワイオミング州編集

サイト比較編集

モリソン累層は、タンザニアのテンダグル累層およびポルトガルのロウリンニャ累層に相当する。年代的にはドイツのゾルンホーフェン・ライムストーンとも同一である。

出典編集

  1. ^ Morrison Formation”. CGKN. 2013年5月25日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ Parrish, J.T.; Peterson, F.; Turner, C.E. (2004). “Jurassic "savannah"-plant taphonomy and climate of the Morrison Formation (Upper Jurassic, Western USA)”. Sedimentary Geology 167 (3-4): 137–162. Bibcode2004SedG..167..137P. doi:10.1016/j.sedgeo.2004.01.004. 
  3. ^ Trujillo, K.C.; Chamberlain, K.R.; Strickland, A. (2006). “Oxfordian U/Pb ages from SHRIMP analysis for the Upper Jurassic Morrison Formation of southeastern Wyoming with implications for biostratigraphic correlations”. Geological Society of America Abstracts with Programs 38 (6): 7. 
  4. ^ Bilbey, S.A. (1998). “Cleveland-Lloyd Dinosaur Quarry - age, stratigraphy and depositional environments”. In Carpenter, K.; Chure, D.; and Kirkland, J.I. (eds.). The Morrison Formation: An Interdisciplinary Study. Modern Geology 22. Taylor and Francis Group. pp. 87–120. ISSN 0026-7775 
  5. ^ Mateus, O. 2006. Late Jurassic dinosaurs from the Morrison Formation, the Lourinhã and Alcobaça Formations (Portugal), and the Tendaguru Beds (Tanzania): a comparison. in Foster, J.R. and Lucas, S. G. R.M., eds., 2006, Paleontology and Geology of the Upper Jurassic Morrison Formation. New Mexico Museum of Natural History and Science Bulletin 36: 223-231.
  6. ^ Taphonomy and paleoecology of the dinosaur beds of the Jurassic Morrison Formation(Peter Dodson:1980)
  7. ^ New data on small theropod dinosaurs from the Upper Jurassic Morrison Formation of Como Bluff, Wyoming, USA (Sebastian G DALMAN:2014)
  8. ^ Saleiro, A., & Mateus O. (2017). Upper Jurassic bonebeds around Ten Sleep, Wyoming, USA: overview and stratigraphy. Abstract book of the XV Encuentro de Jóvenes Investigadores en Paleontología/XV Encontro de Jovens Investigadores em Paleontologia, Lisboa, 428 pp.. 357-361.

外部リンク編集