Morganite (Brésil).jpg

モルガナイト(morganite)は、ピンク色ないし淡赤紫色の緑柱石(ベリル)である。呈色はマンガン(Mn)に由来する。

性質・特徴編集

名前の由来編集

1910年に宝石学の権威、G. P. クンツGeorge Frederick Kunz)が、宝石コレクターであったモルガン財閥の創始者ジョン・モルガンの功績をたたえて命名した。

ジュエリーブランドのブシュロンがモルガナイトを使用したジュエリーを発表している。20カラットのリングで900万円ほどで販売されている。

その他編集

マダガスカルアメリカのパラ地区が産地で、ローズベリルボロビエバイトとも呼ばれる。


参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集