メインメニューを開く

モルディブにおけるLGBTの権利

モルディブでは同性間のリレーションシップに関連する国内法は制定されていないが、シャリーアによって罰せられる場合がある。モルディブは2008年の国連総会における性的指向と性自認に関する宣言に反対した67カ国のうちの一つである。また2011年に南アフリカによって提議された国際連合人権理事会におけるLGBTの権利に関する決議にも反対を表明していた。

モルディブの旗 モルディブにおけるLGBTの権利
モルディブ
同性間の
性交渉
違法[1]
刑罰:
憲法や国内法による罰則はないが、シャリーアによる罰則が適用される場合がある。
性自認/性表現 違法

同性間のリレーションシップに対する承認編集

差別防止の取組み編集

性的指向性自認に基づく差別を禁じる法律はない。

関連項目編集

脚注編集