メインメニューを開く

モロッコ空軍ロッキードC-130墜落事故

モロッコ空軍ロッキードC-130墜落事故(モロッコくうぐんロッキードC-130ついらくじこ)は、2011年7月26日に同国空軍所属のロッキードC-130ハーキュリーズ輸送機モロッコ国内のゲルミン近郊に墜落した航空事故[1]

モロッコ空軍ロッキードC-130墜落事故
C 130 hercules morocco.jpg
モロッコ空軍 ロッキードC-130(同型機)
事故の概要
日付 2011年7月26日
概要 500フィート以下での構造上の欠陥
現場 モロッコの旗 モロッコ ゲルミン
乗客数 軍人60、民間人11
乗員数 9
死者数 80(全員)
生存者数 0 (救助後死亡2)
機種 ロッキードC-130ハーキュリーズ
運用者  モロッコ空軍
機体記号 CNA-OQ
出発地 モロッコの旗 ダフラ空港
経由地 モロッコの旗 ゲルミン
目的地 モロッコの旗 ケニトラ空軍基地
テンプレートを表示

当初、モロッコ当局では輸送機にモロッコ軍人60名、民間人12名、空軍の乗員9名が搭乗しており、78名が死亡、3名が救助されたと発表していたが[2]、救助された3名も負傷のため後に死亡した[3]。また、輸送機に搭乗していなかった民間人1名が誤って含まれていたとして、最終的な死亡者数は80名に修正された[3][4]

作業員により42名の遺体を収容できた[1]ほか、輸送機は1981年にC-130Hとして製造された機体番号CNA-OQであることが確認された[5][4]。この輸送機は西サハラダフラ空港英語版からゲルミンを経由し、ケニトラ空軍基地英語版までを飛行する計画であった[1]。輸送機はゲルミンから約10キロ先にあるSayyert山に墜落した[6]

当局は墜落の潜在的要因が悪天候にあると見て調査した。この事故は2011年で最も甚大な被害があった航空事故であり、モロッコにおいては史上最悪の軍事航空災害となった[6]

モロッコ国王・ムハンマド6世は、この事故の後、国家として3日間喪に服すると発表した[6]

関連項目編集

脚注編集