メインメニューを開く

モンスターエナジー: Monster Energy)は、2002年よりハンセン・ナチュラル(2012年に、モンスタービバレッジコーポレーションに社名変更)が販売・展開している清涼飲料水ブランド[1]

モンスターエナジー
Boisson energisante 710.jpg
北米向けモンスターエナジーの缶
種類 エナジードリンク
製造元 モンスタービバレッジ
発祥国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
販売開始 2002年
テンプレートを表示
北米で販売されている様々な味のバリエーション

目次

概要編集

モンスターエナジーはモンスタービバレッジコーポレーション英語版が販売する主力商品のエナジードリンクで、北米では数十種類の味が473ml、710mlなど各種容量で販売され、その他の国では250~550mlなど国によってサイズ、味の違うものが販売されている[2]

日本ではアサヒ飲料が、モンスターエナジー、モンスターカオス (30%混合果汁入り) 、モンスターエナジーアブソリュートリーゼロ、ウルトラ、キューバリブレ、モンスターエナジーパイプラインパンチ、モンスターM3の7種を2012年に独占発売している[3]。販売終了商品として、モンスターロッシとモンスターコーヒーがある。

なお原材料にタウリンを用いる米国オリジナルレシピは日本の薬事法医薬部外品に分類され、清涼飲料水として扱えないためLアルギニンに替えている。

カフェイン含有量は10ミリグラム/オンス (33.81ミリグラム/100ミリリットル)[4][5]で、一日当たりの摂取上限量が北米は48オンス、オーストラリアは16オンスが望まれると注意表示される。イギリスのものは注意記載が無いが、薬理作用が敏感で、カフェイン中毒を呈し易い子供妊婦などは飲用を控えることが望ましいとされている。

2014年8月14日、ザ コカ・コーラ カンパニーがモンスタービバレッジの株式を16.7%取得して世界的な優先流通パートナーになり、モンスターはコカ・コーラの栄養飲料分野を独占的に扱う事となった。

20195月現在アメリカ、カナダ、ハワイイギリスフランスドイツ日本中国台湾香港マカオフィリピン

マレーシアシンガポールメキシコタイオーストラリアニュージーランド韓国スイス、などで発売、販売をしている。


日本での種類編集

現行編集

  • モンスターエナジー - 355 ml
  • モンスターカオス - 355 ml (オレンジパイナップルブドウリンゴモモのミックス果汁が30%配合)
  • モンスターアブソリュートリーゼロ - 355 ml (カロリーゼロ、砂糖ゼロ)
  • モンスターウルトラ - 355 ml (カロリーゼロ、砂糖ゼロ、甘さ控え目、微炭酸)
  • モンスターキューバリブレ - 355 ml (カクテル「キューバ・リブレ」をモチーフに開発、日本限定)[6]
  • モンスターエナジーM3 - 150 ml (355 mlのモンスターエナジーを成分量そのまま150 mlに凝縮)
  • モンスターエナジーパイプラインパンチ- 355ml( 2019年4月23日追加。パッションフルーツオレンジグァバのミックス。果汁16%)予想を上回る売れ行きの為、通常製品の生産に支障が出る事態となった事から、予定より早く生産を終了する事になった。アサヒ飲料はいずれ再販を検討中と語っている[7]
  • モンスターエナジーM3缶 - 160 ml(自動販売機限定発売)[8]

過去編集

  • モンスターコーヒー - 250 g (カフェ・オ・レをブレンド、販売中止)
  • モンスターエナジーロッシ - 355 ml (オレンジレモンのミックス果汁4%、海外で発売されている「モンスターエナジーザ・ドクター」の、ライダー『バレンティーノ・ロッシ』とのコラボ仕様、数量限定発売)[9]
  • モンスターエナジー - 473 ml (ボトル缶、数量限定)[10]

広告宣伝手法編集

主にモータースポーツ領域でスポンサー活動しており、オートバイレースではスピードウェイ・グランプリMotoGPフランスグランプリの主催スポンサー[11]となっている。NASCARでは最高峰クラスのカップシリーズのタイトルスポンサー[12]の他に、カート・ブッシュチップ・ガナッシ・レーシング)のスポンサーとなっている。その他、メルセデスAMG F1のチーム、ラリーではケン・ブロックの車体ロゴをスポンサーしている。

FDAへの症例報告編集

2012年10月22日にCNBCなどがモンスターエナジー飲用後の死亡例が5件FDAに報告されていた[13]と報じ、販売元のモンスタービバレッジは株価が急落しているが、死亡の因果関係は明らかでなくFDAが調査[13]を開始している。

訴訟事案編集

モンスターエナジーが含有する多量のカフェインが原因で14歳の少女が死亡したと、遺族らが製造会社モンスタービバレッジを2012年10月19日にメリーランド州で提訴[14]している。少女は死亡するまでの24時間にモンスターエナジー700 mlを2本飲用しカフェイン摂取量は480 mg[14]で、病理解剖では「カフェインの毒性による心臓の不整脈」が死因[14]とされている。モンスタービバレッジは栄養飲料を世界中で80億本余販売しているが、同社製品が原因とされる死亡例は認識していない[14]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Hansen Natural: Charging at Red Bull with a brawny energy brew Archived 2012年6月25日, at the Wayback Machine.. Businessweek.com (2005-06-06). Retrieved on 2011-12-30.
  2. ^ モンスターエナジーの全種類のレビュー(79種類)”. エナジードリンクマニア 2019-7-9閲覧。
  3. ^ 缶に表記されている販売元は「モンスターエナジージャパン合同会社」となっている。
  4. ^ The Caffeine Database. CaffeineInformer.com. Retrieved on 2011-12-30.
  5. ^ Caffeine Content”. Center for Science in the Public Interest. 2011年4月27日閲覧。
  6. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2018年4月2日). “モンスターエナジー日本限定オリジナルフレーバー「モンスター キューバリブレ」2018年4月24日 (火) 新発売!”. 産経ニュース. https://www.sankei.com/economy/news/180402/prl1804020086-n1.html 2018年8月12日閲覧。 
  7. ^ モンスターエナジー「パイプラインパンチ」売れすぎて販売終了 発売わずか1ヶ月、アサヒ飲料「再販に向けて調整中」 BIGLOBEニュース 2019年5月22日。
  8. ^ 『モンスターエナジー 缶355ml』に匹敵するエナジー成分が缶1本に濃縮!『モンスターエナジー M3(エムスリー) 缶160ml』全国の自動販売機限定で4月23日(火)より発売”. アサヒ飲料株式会社 2019-7-9閲覧。
  9. ^ “モンスターエナジーがライダーとコラボ 黄色の「ロッシ」が6月27日に登場 - Peachy - ライブドアニュース”. ライブドアニュース. http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13156680/ 2018年8月12日閲覧。 
  10. ^ INC., SANKEI DIGITAL (2018年8月7日). “日本限定!大容量『モンスターエナジー ボトル缶473ml』全国のコンビニエンスストア限定で8月7日 (火) 新発売”. 産経ニュース. https://www.sankei.com/economy/news/180807/prl1808070315-n1.html 2018年8月12日閲覧。 
  11. ^ “Monster Energy agrees to back French GP”. Insidebikes. http://www.carolenash.com/insidebikes/bike-sport/monster-energy-agrees-to-back-french-gp.htm 2010年3月4日閲覧。 
  12. ^ “Monster Energy replaces Sprint as title sponsor for NASCAR's top series”. USA Today. (2016年12月1日). http://www.usatoday.com/story/sports/nascar/2016/12/01/monster-energy-title-sponsor-nascar-cup-series/94748244/ 2016年12月1日閲覧。 
  13. ^ a b エナジードリンクとの関連調査=5件の死亡で米FDA-報道”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2012年10月23日). 2012年10月23日閲覧。
  14. ^ a b c d カフェイン過剰摂取で少女死亡、遺族が栄養飲料製造会社を提訴”. AFPBB News. クリエイティヴ・リンク (2012年10月22日). 2012年10月23日閲覧。 [1]

外部リンク編集