メインメニューを開く

モンスターズクラブ』(Monsters Club)は、2012年公開の日本映画

モンスターズクラブ
Monsters Club
監督 豊田利晃
脚本 豊田利晃
出演者 瑛太
窪塚洋介
KenKen
草刈麻有
ピュ〜ぴる
松田美由紀
國村隼
音楽 ZAK
撮影 重森豊太郎
編集 坂東直哉
製作会社 ギークピクチュアズ / ヌーヴェル
配給 ファントム・フィルム
公開 日本の旗 2012年4月21日
上映時間 72分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

18年間に渡りアメリカの主要企業に爆発物を送り続けた爆弾魔「ユナボマー」ことセオドア・カジンスキーに着想を得て、現代日本の雪山にこもって企業を標的に孤独に爆弾を送り続ける若者を描いた作品。主演の瑛太は自ら出演を熱望し、豊田利晃監督作品としては俳優デビュー作『青い春』、『ナイン・ソウルズ』、『空中庭園』に続き4作目の出演となる[1]。ロックバンド・RIZEのベーシストであるKenKenは映画初出演となる。

あらすじ編集

人が居ない雪山に籠もり孤独に生きる男・垣内良一は、自給自足の生活を送りながら爆弾を作っては企業や機関に送り続け、日本の社会システムを粉砕しようと目論んでいた。しかし、森で奇妙な怪物と遭遇して以来、怪物や死んだ家族の幻想に悩まされるようになる。そして遂に最後の爆弾を日本の首相に送ろうとしていた夜、自殺した兄・ユキが良一の目の前に現れ、自身の運命に大きくかかわる家族の意外な秘密を知ることになる。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

外部リンク編集