メインメニューを開く

モンティ・フランクリン・ピアース・ストラットン(Monty Franklin Pierce Stratton, 1912年5月21日 - 1982年9月29日)は、アメリカ合衆国テキサス州パラシオス英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。ニックネームガンダー(Gander)。

モンティ・ストラットン
Monty Stratton
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 テキサス州パラシオス英語版
生年月日 (1912-05-21) 1912年5月21日
没年月日 (1982-09-29) 1982年9月29日(70歳没)
身長
体重
6' 5" =約195.6 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1934年
初出場 1934年6月2日
最終出場 1938年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • シカゴ・ホワイトソックス (1939 - 1941)

1938年ウサギ狩り英語版の最中の事故が原因で右足を切断せざるを得なくなり、全盛期を迎えつつあった彼は以後、メジャーリーグベースボール(MLB)の試合に登板出来なかった。義足を装着してマイナーリーグ(MiLB)に復帰する彼の姿はジェームズ・スチュワートが主演し、第22回アカデミー賞においてアカデミー原案賞を受賞した映画『The Stratton Story』(邦題:甦る熱球)の主題として描写され、脚光を浴びることになった。

メジャーリーグのキャリア編集

メジャーリーグベースボール(MLB)の球団シカゴ・ホワイトソックス1934年から1938年シーズンまで投手としてプレー。この5シーズンで防御率3.71・3623・196奪三振の成績を残した[1]

190cmを超える長身の右投手であるストラットンは1934年6月2日にMLB初登板を果たした[1]

1937年シーズンは先発投手として防御率2.40・15勝5敗を記録、アメリカンリーグチームのメンバーとして同年のオールスターゲームにも選出された[1]。しかし、足首を痛めてしまったためにゲームには登板出来なかった[2]。翌1938年シーズンは15勝9敗を記録し、先発した22試合のうち17試合に完投した[1]

復帰までの道編集

1938年11月27日にテキサス州グリーンビル英語版近くの母親が所有する農場でウサギ狩り英語版をしていたストラットンは小川に向かう下り坂で滑って転倒してしまい、その拍子に誤って猟銃を暴発させてしまった。暴発弾は彼の右足に当たり、農場の家の前で倒れているところを家族の者に発見された。大腿動脈の損傷がひどかったために翌日には感染を防ぐために右足の切断手術を受けた[2][3][4][5][6][7][8][9]

1939年5月1日にホワイトソックス球団はコミスキー・パークにおいて、シカゴ・カブスとの慈善試合を主催した[10]。この試合に登板したストラットンは装着するようになった義足にまだ重心を効果的に移動させられなかったが、投球自体は可能であることを実証し、試合の収益金の約28,000ドルを手にした[5]。ストラットンは義足にも関わらず、1940年になってもMLBへの復帰を諦めていない考えを明らかにしている[8]

事故後の3シーズンは現役復帰を目指してシカゴ・ホワイトソックスで打撃投手兼一塁コーチとして働いた[9][11][12]1942年シーズンは短期間に終わったが、マイナーリーグ(MiLB)・D級球団の監督を務めた[13][14]

第二次世界大戦への従軍を志願したが、拒否された[6][7]。その後にグリーンビルでセミプロチームを編成した。義足でも上手く重心移動をして投球出来るようにするにはどうしたら良いかという点を研究するために、主に妻のエセルを捕手役として投球を受けさせ、野球場リビングルームで常に誰かと組んで共同で練習を行った[4][6][7]

1946年4月27日にMiLB・C級シャーマン英語版プロ野球復帰を果たし[15]、このシーズンは最終的には防御率4.17・18勝8敗を記録した[16]。ストラットンの復活劇に野球関係者は驚嘆した[4][6]フィラデルフィア・スポーツ記者協会英語版によって「1946年の最も勇気のあるアスリート」に選定された[17]。翌1947年シーズンはMiLB・B級ウェーコで防御率6.55・7勝7敗を記録した[16]。MLBへの復帰はついに果たせなかった。MiLBでは1949年1950年1953年シーズンも様々な階層のリーグでプレーしたが、合わせて8試合のみの登板にとどまった[16]。ストラットン自身はバント処理は上手くこなしたが、躍動感のあるフォームでは投球出来なかったので、怪我前の速球は投げられなくなったと述べている[4][6][7]

MLBで投げた経験のある片足投手はストラットン以外にもう一人、バート・シェパード英語版がいる[18]。シェパードは第二次世界大戦中にアメリカ陸軍航空隊の一員であったが、搭乗していた戦闘機P-38ライトニングドイツ上空で撃墜され、右足を失った。その後の1945年8月4日にワシントン・セネタースリリーフとしてデビューを飾るが、MLBでの登板はこの1試合のみに終わっている[19]

映画のモデル編集

ストラットンのプロ野球復帰への挑戦はジェームズ・スチュワートジューン・アリソンが主演かつ現役メジャーリーガーのジミー・ダイクス英語版、元メジャーリーガーのビル・ディッキージーン・ビアーデン英語版も自分自身の役でカメオ出演した1949年公開の映画『The Stratton Story』(邦題:甦る熱球)の主題となった[9][20][21]

公開の前年の1948年にはストラットンも映画製作に協力するためにハリウッドで一年の大半を過ごした[4][6][7][22]

MGMによると、映画の興行収入アメリカ合衆国カナダで約3,831,000ドル、海外では約657,000ドルを記録し、全世界合わせると約1,211,000ドルもの利益をもたらす大ヒット作となった[23]。また、第22回アカデミー賞に1部門のみノミネートされたが、このアカデミー原案賞を受賞した[24]

引退後の人生編集

ストラットンはテキサス州グリーンビルのアーディスハイツ地区にある93エーカー(約140,000)の農場の家に長年住み、また、ウェスレー・メソジスト教会(メソジスト監督教会)の会員であり、グリーンビルのコミュニティの活動にも参加していた[25]。グリーンビルのリトルリーグの指導者も務めた[26]

1964年に息子デニスが23歳で猟銃自殺[27]1982年9月29日がんによる長期間の闘病生活の末、グリーンビル市民総合病院にて死去。70歳没。エセル夫人は未亡人となり、死亡時に二人の間には存命している唯一の息子モンティ・ジュニアと4人の孫がいた[6]

夫人のエセル・エルセル・ストラットンはグリーンビル長老派教会病院でのボランティアに長年携わり、2006年にテキサス州アーリントンにて90歳で亡くなった[25]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1934 CWS 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 3.1 4 0 1 -- 0 0 0 0 2 2 5.40 1.50
1935 5 5 2 0 0 1 2 0 -- .333 159 38.0 40 0 9 -- 2 8 0 0 17 17 4.03 1.29
1936 16 14 3 0 0 5 7 0 -- .417 434 95.0 117 8 46 -- 1 37 3 0 66 55 5.21 1.72
1937 22 21 14 5 3 15 5 0 -- .750 650 164.2 142 6 37 -- 2 69 0 0 55 44 2.40 1.09
1938 26 22 17 0 1 15 9 2 -- .625 797 186.1 186 18 56 -- 7 82 2 1 95 83 4.01 1.30
通算:5年 70 62 36 5 4 36 23 2 -- .610 2053 487.1 489 32 149 -- 12 196 5 1 235 201 3.71 1.31
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

背番号編集

  • 24 (1934年)
  • 36 (1935年) 
  • 25 (1936年 - 1938年)

脚注編集

  1. ^ a b c d Monty Stratton Statistics and History” (英語). Baseball-reference.com. 2014年9月2日閲覧。
  2. ^ a b Cliff Aliperti (2009年2月14日). “Coverage of The Stratton Story inside The Sporting News” (英語). Immortalephemera.com. 2014年9月2日閲覧。
  3. ^ “Monty Stratton's Career .Is Ended” (英語). Ludington Daily News. (1938年11月29日). http://news.google.com/newspapers?nid=110&dat=19381129&id=X68cAAAAIBAJ&sjid=I1QEAAAAIBAJ&pg=5695,5777386 2014年9月2日閲覧。 
  4. ^ a b c d e “One-legged Baseball Star Stratton Dies” (英語). Kingman Daily Miner. (1982年9月29日). http://news.google.com/newspapers?nid=932&dat=19820929&id=8aJPAAAAIBAJ&sjid=PlMDAAAAIBAJ&pg=4218,2985086 2014年9月2日閲覧。 
  5. ^ a b Monty Stratton Biography” (英語). BaseballLibrary.com. 2014年9月2日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g MONTY STRATTON, 70, PITCHER WHO INSPIRED MOVIE, IS DEAD” (英語). NYTimes.com (1982年9月30日). 2014年9月2日閲覧。
  7. ^ a b c d e “Monty Stratton” (英語). Toledo Blade. (1982年9月30日). http://news.google.com/newspapers?nid=1350&dat=19820930&id=qUBPAAAAIBAJ&sjid=sgIEAAAAIBAJ&pg=6710,723179 2014年9月2日閲覧。 
  8. ^ a b “Despite Artificial Leg, Monty Stratton Insists He Still Can Pitch In Majors” (英語). St. Petersburg Times. (1940年2月16日). http://news.google.com/newspapers?nid=888&dat=19400216&id=3q0zAAAAIBAJ&sjid=TE0DAAAAIBAJ&pg=1303,4042123 2014年9月2日閲覧。 
  9. ^ a b c Albert Lang (2012年2月2日). “Retelling the Monty Stratton Story” (英語). Baseballpastandpresent.com. 2014年9月2日閲覧。
  10. ^ Monty Stratton Chronology” (英語). BaseballLibrary.com. 2014年9月2日閲覧。
  11. ^ “Monty Stratton Now Coach; Sure He'll Pitch Again” (英語). St. Petersburg Times. (1939年4月15日). http://news.google.com/newspapers?nid=888&dat=19390415&id=OMhOAAAAIBAJ&sjid=T00DAAAAIBAJ&pg=2023,2448031 2014年9月2日閲覧。 
  12. ^ “Moses Traded To White Sox” (英語). The Milwaukee Journal. (1941年12月9日). http://news.google.com/newspapers?nid=1499&dat=19411209&id=VnUxAAAAIBAJ&sjid=zSIEAAAAIBAJ&pg=3508,4734331 2014年9月2日閲覧。 
  13. ^ “Monty Stratton Gets Manager's Position” (英語). The Palm Beach Post. (1941年12月10日). http://news.google.com/newspapers?nid=1964&dat=19411210&id=MFYyAAAAIBAJ&sjid=ULYFAAAAIBAJ&pg=4685,4033276 2014年9月2日閲覧。 
  14. ^ “Monty Stratton Fails In Effort For Comeback” (英語). The Herald Journal. (1942年5月15日). http://news.google.com/newspapers?nid=1876&dat=19420515&id=FV4sAAAAIBAJ&sjid=GMsEAAAAIBAJ&pg=6385,1323148 2014年9月2日閲覧。 
  15. ^ “Monty Stratton Wins Opener In Comeback Try” (英語). Ellensburg Daily Record. (1946年4月27日). http://news.google.com/newspapers?nid=860&dat=19460427&id=4UIKAAAAIBAJ&sjid=pUoDAAAAIBAJ&pg=6687,4943603 2014年9月2日閲覧。 
  16. ^ a b c Monty Stratton Minor League Statistics & History” (英語). Baseball-reference.com. 2014年9月2日閲覧。
  17. ^ “Monty Stratton Hailed As Most Courageous'” (英語). The Evening Independent. (1947年1月31日). http://news.google.com/newspapers?nid=950&dat=19470131&id=v_1PAAAAIBAJ&sjid=E1UDAAAAIBAJ&pg=3716,5037540 2014年9月2日閲覧。 
  18. ^ “One-legged Pitcher” (英語). The Dispatch. (1979年10月25日). http://news.google.com/newspapers?nid=1734&dat=19791025&id=tlUcAAAAIBAJ&sjid=qFEEAAAAIBAJ&pg=5867,3133549 2014年9月2日閲覧。 
  19. ^ Richard Goldstein (2008年6月20日). “Bert Shepard, 87, an Inspirational Amputee, Dies” (英語). NYTimes.com. 2014年9月2日閲覧。
  20. ^ 蘇る熱球”. 映画.com. 2014年9月2日閲覧。
  21. ^ The Stratton Story (1949) Full Cast & Crew” (英語). IMDb.com. 2014年9月2日閲覧。
  22. ^ “Reel And Real Monty Stratton” (英語). The Pittsburgh Press. (1949年4月30日). http://news.google.com/newspapers?nid=1144&dat=19490430&id=4FwbAAAAIBAJ&sjid=QE0EAAAAIBAJ&pg=6495,6675059 2014年9月2日閲覧。 
  23. ^ The Eddie Mannix Ledger, Los Angeles: Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study 
  24. ^ The 22nd Academy Awards (1950) Nominees and Winners” (英語). Oscars.org. 2014年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月2日閲覧。
  25. ^ a b The Obit For Ethel Stratton” (英語). TheDeadballEra.com. 2014年9月2日閲覧。
  26. ^ “Movie Sequel For Stratton Tells .Of Son” (英語). The Sunday Star. (1952年10月26日). http://news.google.com/newspapers?nid=2290&dat=19521026&id=aE9KAAAAIBAJ&sjid=QiANAAAAIBAJ&pg=5387,3609672 2014年9月2日閲覧。 
  27. ^ “Stratton's Wounds Were Self-inflicts” (英語). The Milwaukee Journal. (1964年1月27日). http://news.google.com/newspapers?nid=1499&dat=19640627&id=fHskAAAAIBAJ&sjid=fCcEAAAAIBAJ&pg=3298,3210933 2014年9月2日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集