メインメニューを開く

モンテネグロのユーロビジョン・ソング・コンテスト

モンテネグロのユーロビジョン・ソング・コンテストCrna Gora na Pjesmi Eurovizije)では、モンテネグロにおけるユーロビジョン・ソング・コンテストについて述べる。モンテネグロは2006年に独立国となり、2007年大会から独自にユーロビジョン・ソング・コンテストに参加している。モンテネグロはユーゴスラビア社会主義連邦共和国の一部として、1961年大会から1991年大会まで、ユーゴスラビア連邦共和国の一部として1992年大会に、そしてセルビア・モンテネグロの一部として2004年大会2005年大会に参加している。

モンテネグロ
Flag
加盟放送局 モンテネグロ国営放送
国内選考大会 モンテネグロソング
出場
出場回数 9
初出場 2007
最高順位 13位 2015
最低順位 準決勝22位 2007
外部リンク
RTCG page
Eurovision.tvのモンテネグロのページ

2005年大会では、セルビア・モンテネグロ代表としてモンテネグロ出身のノー・ネームが選ばれ、ノー・ネームは7位と健闘した。また、1983年大会にはダニイェル・ポポヴィッチが、1984年大会にはヴラド&イソルダが、それぞれモンテネグロからユーゴスラビア代表として参加した。

2007年以降編集

モンテネグロは2006年5月21日に独立を宣言し、翌年の2007年大会からは独立国として独自にユーロビジョンに参加し始めた。しかし、モンテネグロのデビューとなる2007年大会では、決勝進出を果たすことはできなかった。

参加者編集

アーティスト 言語 決勝 得点 準決勝 得点
2007 ステヴァン・ファディ
Stevan Faddy
モンテネグロ語 'Ajde, kroči 準決勝敗退 22 33
2008 ステファン・フィリポヴィッチ
Stefan Filipović
モンテネグロ語 Zauvijek volim te 14 23
2009 アンドレア・デミロヴィッチ[1][2][3]
Andrea Demirović
英語 Just Get Out of My Life[1][2][3] 11 44
2010から2011まで不出場
2012 ランボー・アマデウス[4]
Rambo Amadeus
英語 Euro Neuro 準決勝敗退 15 20
2013 フー・シー & ニナ・ジジッチ
Who See & Nina Žižić
モンテネグロ語 "Igranka" 12 41
2014 セルゲイ・チェトコヴィッチ
Sergej Ćetković
モンテネグロ語 "Moj svijet" 19 37 7 63
2015 クネズ
Knez
モンテネグロ語 "Adio" 13 44 9 57
2016 ハイウェイ
Highway
英語 "The Real Thing" 準決勝敗退 13 60
2017 スラヴコ・カレジッチ
Slavko Kalezić
英語 "Space" 16 56

投票履歴(2007年 - 2015年)編集

モンテネグロに高得点を送った国々:

順位 得点
1   アルメニア 20
2   スロベニア 17
3   北マケドニア 16
4   セルビア 12
  アルバニア 12

モンテネグロから高得点が送られた国々:

順位 得点
1   セルビア 70
2   アルバニア 64
3   ボスニア・ヘルツェゴビナ 59
  ロシア 59
5   スロベニア 53

注: 得点の合計は決勝のときのもののみであり、準決勝のものは含まない。

関連項目編集

参考文献編集

  1. ^ a b EUROSONG 2009”. RTCG (2009年1月23日). 2009年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月23日閲覧。
  2. ^ a b Klier, Marcus (2009年1月23日). “Montenegro: Andrea Demirovic to Eurovision”. ESCToday. 2012年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月23日閲覧。
  3. ^ a b van Tongeren, Mario (2009年1月23日). “Montenegro: Andrea Demirovic to Moscow!”. Oikotimes. 2009年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月23日閲覧。
  4. ^ Jiandani, Sanjay (2011年12月12日). “Montenegro: RTCG selects Rambo Amadeus for Baku!”. ESCToday. 2011年12月12日閲覧。