メインメニューを開く
モンテフェルトロ家の紋章

モンテフェルトロ家イタリア語:Da Montefeltro)は、13世紀から16世紀初頭にかけてイタリアウルビーノの君主となった一族である。1154年にモンテフェルトラーノ1世がモンテフェルトロ伯となり、次のボンコンテ1世以降ウルビーノ伯を兼ねた。さらに1443年オッダントーニオ2世ウルビーノ公とされ、1508年に同家が断絶するまで公位を継承した。1508年にグイドバルドが男子継承者なく死去した後は、グイドバルドの妹ジョヴァンナとセニガッリア領主ジョヴァンニ・デッラ・ローヴェレの子で教皇ユリウス2世の甥にあたるフランチェスコ・マリーア1世・デッラ・ローヴェレがウルビーノ公位を獲得、以後、デッラ・ローヴェレ家が公位を継承した。

系図編集

 
アントーニオ
モンテコピオーロ領主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
モンテフェルトラーノ1世
モンテフェルトロ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボンコンテ1世
ウルビーノ伯
 
タッデオ
 
 
 
 
 
 
 
 
モンテフェルトラーノ2世
ウルビーノ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
グイード
ウルビーノ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェデリーコ1世
ウルビーノ伯
 
ボンコンテ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グイード2世
ウルビーノ伯
 
ノルフォ
ウルビーノ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フェデリーコ2世
ウルビーノ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アントーニオ2世
ウルビーノ伯
 
ノルフォ
 
グイード
 
ガレアッツォ
 
アンナ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レンガルダ
リミニ領主ガレアッツォ・マラテスタ娘)
 
グイダントーニオ
ウルビーノ伯
 
カテリーナ
(ロレンツォ・コロンナ娘)
 
アンナ
 
バッティスタ
(-1447)
=ペーザロ領主ガレアッツォ・マラテスタ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(庶子)
フェデリーコ
ウルビーノ公
 
(庶子)
アウラ
=ベルナルディーノ・ウバルディーニ・デッラ・カルダ
 
オッダントーニオ2世
ウルビーノ公
 
ブランカ
ファエンツァ領主グイダントニオ・マンフレディ
 
ヴィオランテ
チェゼーナ領主ドメニコ・マラテスタ
 
アグネシーナ
=カスティリオーネ領主アレッサンドロ・ゴンザーガ
 
スヴェヴァ
=ペーザロ伯アレッサンドロ・スフォルツァ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グイドバルド
ウルビーノ公
 
ジョヴァンナ
 
ジョヴァンニ・デッラ・ローヴェレ
セニガッリア領主
 
コスタンツァ
 
アントネッロ・ディ・サンセヴェリーノ
サレルノ侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フランチェスコ・マリーア1世・デッラ・ローヴェレ
ウルビーノ公
 
フェリーチェ・デッラ・ローヴェレ
ユリウス2世庶子)
 
アントネッロ・ディ・サンセヴェリーノ
サレルノ侯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
デッラ・ローヴェレ家
 

参考文献編集

  • Dennistoun, James, Memoirs of the Dukes of Urbino, illustrating the arms, arts & literature of Italy, 1440-1630, Vol.1, London Lane, 1909.