モンテ・ウォルシュ』(原題:Monte Walsh)は、1970年制作のアメリカ合衆国西部劇映画

モンテ・ウォルシュ
Monte Walsh
監督 ウィリアム・A・フレイカー
脚本 ルーカス・ヘラー
デヴィッド・ゼラグ・グッドマン
原作 ジャック・シェーファー
製作 ハル・ランダース
ボビー・ロバーツ
出演者 リー・マーヴィン
ジャック・パランス
ジャンヌ・モロー
音楽 ジョン・バリー
撮影 デヴィッド・M・ウォルシュ
製作会社 Cinema Center Films
配給 アメリカ合衆国の旗 National General Pictures
日本の旗 東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1970年10月7日
日本の旗 1970年11月25日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,000,000[1]
テンプレートを表示

文明の波が西部に押し寄せてきた西部開拓時代末期、花形だったガンマンカウボーイたちが辿る哀れな末路を描く。ジャック・シェーファー原作の小説の映画化。『ローズマリーの赤ちゃん』の撮影監督として知られるウィリアム・A・フレイカーの初監督作品。出演はリー・マーヴィンジャック・パランスら。

2003年にトム・セレック主演でテレビ映画としてリメイクされた(en:Monte Walsh (2003 film))。

あらすじ編集

西部開拓時代末期、2人のガンマン、モンテ・ウォルシュとチェットは牧畜の町ハーモニーにやってきた。2人は牧場主のブレナンを訪ね、雇ってもらおうとするが、牧場は東部の大企業の手に渡り、ブレナンはすでに持ち主ではなかったものの、2人はそこに雇われた。

モンテは昔の恋人で町のミュージック・ホールのスターのマルティーヌと、チェットは金物屋の後家メアリーとそれぞれ愛を育み、足を洗おうとするが、厳しい時代の流れは彼らを呑み込んでいく。

そして、ショーティという無法者が起こしたトラブルに2人は巻き込まれ、哀れな末路を辿っていく。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
TBS ?版
モンテ・ウォルシュ リー・マーヴィン 納谷悟朗
チェット・ロリンズ ジャック・パランス 柴田秀勝
マルティーヌ ジャンヌ・モロー 中西妙子 楠侑子
ショーティ ミッチ・ライアン 玄田哲章
カル・ブレナン ジム・デイヴィス 大木民夫
メアリー アリン・アン・マクレリー 山田栄子
ダーリー マイケル・コンラッド 平林尚三
ルーファス マット・クラーク
パウダー ビリー・グリーン・ブッシュ 幹本雄之
シュガー トム・ヒートン 宮村義人
ハル・ヘンダーソン G・D・スプラドリン
ジョー ボー・ホプキンス
ファイティング・ジョー ジョン・マクリアム 宮内幸平
医者 チャールズ・タイナー 池田勝
演出:鳥海俊材、翻訳:山田実、プロデューサー:熊谷国雄、制作:TBS/千代田プロダクション

脚注編集

外部リンク編集