メインメニューを開く

モン・パリ (1973年の映画)

1973年のフランスのロマンティック・コメディ映画

モン・パリ』(L'événement le plus important depuis que l'homme a marché sur la Lune)は1973年フランスイタリアロマンティック・コメディ映画。 監督はジャック・ドゥミ、出演はカトリーヌ・ドヌーヴマルチェロ・マストロヤンニなど。 パリの下町モンパルナスを舞台に、男が妊娠するという「人類が月面を歩いて以来の最も重大な出来事」(フランス語の原題の直訳)を描いたコメディで、当時プライベートでもパートナーであったドヌーヴとマストロヤンニの共演作としては『哀しみの終るとき』『ひきしお』に続く3作目である[1]

モン・パリ
L'événement le plus important depuis que l'homme a marché sur la Lune
監督 ジャック・ドゥミ
脚本 ジャック・ドゥミ
製作 レイモン・ダーン
出演者 カトリーヌ・ドヌーヴ
マルチェロ・マストロヤンニ
音楽 ミシェル・ルグラン
主題歌 ミレイユ・マチュー
「モン・パリ」
撮影 アンドレア・ウィンディングフランス語版
編集 アンヌ=マリー・コトレフランス語版
製作会社 リラ・フィルム
ロアス・プロ
配給 フランスの旗 Fox-Lira
日本の旗 東和
公開 フランスの旗 1973年9月20日
日本の旗 1973年12月15日
上映時間 96分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
テンプレートを表示

ストーリー編集

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(初回放送1979年3月11日『日曜洋画劇場』)

出典編集

  1. ^ モン・パリ(1973)”. KINENOTE. 2019年3月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集