メインメニューを開く

モーターボート記念競走(モーターボートきねんきょうそう)は、ボートレースSG競走の1つ。

モーターボート記念
(ボートレース メモリアル)
格付け SG
優勝賞金 3500万円
優勝戦 6名
各準優勝戦上位2名
準優勝戦 得点上位18名
予選 4日間
出場資格 主催者(施行者)から推薦された選手
または、優先出場者
主催者 各県市町・組合・企業団
開催地 日本の旗 持ち回り
開催時期 8月下旬 - 9月上旬
第1回執行日 1955年8月20日
次回開催予定
開催期間 第65回 2019年
8月27日 - 9月1日[1]
開催地 ボートレース大村(ナイター開催)[1]
テンプレートを表示

2014年からの通称名称は「ボートレース メモリアル(BOAT RACE MEMORIAL)」[2]。本競走は5大SG競走GRANDE5の第3戦に位置付けられている。

目次

概要編集

全日本選手権競走に次いでグレード制やSGが制定される前から続く特別競走である。正式名称はモーターボート記念競走。下付賞があり「総務大臣杯争奪 モーターボート記念競走」となる。

1995年、第41回大会(三国競艇場)から、開催される本場を除く23競艇場から1人ずつ推薦される選考方式となった。[3]

2012年、第58回大会(桐生競艇場)から、開催される本場を除く23競艇場から2人ずつ推薦される方式(必ず優先出場選手が含まれる)に変更される。

2014年、第60回大会(若松競艇場)では、優勝戦の上位3位選手にメダルが贈呈された。

2015年、第61回大会(蒲郡競艇場)から、優勝戦出場全選手にメダルを贈呈している。

開催は8月最終週を目安に行なわれているが、年によっては8月と9月にまたいで開催する場合がある。

出場資格編集

  • 優先出場
前年度優勝者
前年の賞金王決定戦の優勝戦出場者(6名)
直前のSG競走であるオーシャンカップの優勝者
  • 開催される競艇場を除いた全ての競艇場から推薦された選手(各場2名ずつの46名「必ず優先出場選手を含めること」) 2011年までは各場1名ずつの推薦であった。
    • 例:A競艇場の場合優先出場選手と一般選手の2名やB競艇場は一般2名など
  • 開催競艇場の施行者が希望する選手
※優先出場以外の選手は開催年の後期A1級であること、および前年6月から開催年5月末までの出走回数160走以上の出走が必須である。
  • 選出除外
    • 前回(前年)のモーターボート記念から開催年のオーシャンカップのSG優勝戦で選手責任事由によるスタート事故を起こした選手。
    • 開催年の総理大臣杯から開催年のオーシャンカップのSG準優勝戦で選手責任事由によるスタート事故を起こした選手。
    • 怪我・病気に伴う出場辞退者。
    • 前年6月から前検日までに褒賞懲戒規程による出場停止処分を受けた選手。

歴史編集

  • 1954年昭和29年)4月に開催された全国モーターボート競走施行者協議会(全施協)の総会において、競艇発祥を記念し競艇記念日を定めその記念行事を行うことが提案された。これを受け翌年の1955年(昭和30年)5月の全施協臨時総会において、4月6日を競艇記念日として定め、その記念行事として大村競艇場で同年8月20日 - 23日に本競走の第1回を開催することが決定した[4]
  • 1968年(昭和43年)、10月10日より児島競艇場にて開催予定であったが第14回大会は中止となった。これは、同年9月23日に同競艇場で発生した騒擾事故に対する不適切な収拾措置が競走法違反とされ、施行者の倉敷市に対し運輸省より1ヶ月(同年10月4日 - 11月3日)の開催停止命令が出されたためである[5]
  • 2002年、第48回大会で競艇史上初となるナイター競走によるSG開催が蒲郡競艇場で開催された[6]
  • 2019年からは優勝者がボートレースバトルチャンピオントーナメント競走への優先出場権が与えられる新たなシステムが加わった。

エピソード編集

  • 第47回大会(多摩川競艇場)において優勝した市川哲也は、完全優勝(出走した7レース走全て1着)を達成した。
  • 2011年の第57回大会の優勝戦は出場した6名が全員九州勢、うち5名が福岡県だったが出畑孝典岡崎恭裕の2艇がフライングを起こし、10億円超の返還が発生した。
  • 2012年の第58回大会は前回優勝の瓜生正義が連覇を達成。倉田栄一以来となる48年ぶりの快挙となった。
  • 2018年の第64回大会は台風20号の影響により8月23日(3日目)の開催が中止順延となった[7]

歴代優勝者編集

出典は競艇オフィシャルウェブサイトにあるモーターボート記念 一覧の各回ページより。

回数 開催年 優勝戦日 開催場 ボート 優勝者
選手名 登録番号 年齢 住所(2013年度まで)
所属支部(2014年度以降)
枠番 コース 決まり手
1 1955年(昭和30年) 8月23日 大村 ハイドロ 真島勝義 38 33 長崎 4 - -
ランナー 豊島勝 315 25 香川 3 - -
2 1956年(昭和31年) 10月21日 ハイドロ 鈴木成彦 292 25 三重 1 - -
3 1957年(昭和32年) 7月31日 びわこ ハイドロ 貴田宏一 976 22 岡山 5 - -
4 1958年(昭和33年) 5月18日 芦屋 ハイドロ 前田道積 1056 28 長崎 5 1 -
ランナー 山岡貫太 303 24 三重 5 1 -
5 1959年(昭和34年) 5月24日 若松 ハイドロ 上原茂 260 25 東京 3 - -
ランナー 松本稔 1313 29 愛知 4 - -
6 1960年(昭和35年) 5月8日 平和島 ハイドロ 井上一二郎 528 31 兵庫 4 - -
7 1961年(昭和36年) 8月6日 宮島 ハイドロ 松尾泰宏 1203 24 佐賀 3 - -
8 1962年(昭和37年) 8月6日 住之江 ハイドロ 芹田信吉 1126 29 福岡 1 - -
9 1963年(昭和38年) 9月24日 下関 ハイドロ 金藤一二三 121 34 大阪 3 6 -
ランナー 倉田栄一 318 31 三重 5 1 -
10 1964年(昭和39年) 5月19日 芦屋 ハイドロ 倉田栄一 318 32 三重 6 - -
11 1965年(昭和40年) 7月27日 若松 ハイドロ 芹田信吉 1126 32 福岡 6 - -
12 1966年(昭和41年) 7月26日 福岡 ハイドロ 金子安雄 1435 27 埼玉 4 - -
13 1967年(昭和42年) 7月11日 常滑 ハイドロ 竹内淳麿 1348 30 愛知 6 - -
14 1968年(昭和43年) 児島 中止
15 1969年(昭和44年) 8月6日 丸亀 ハイドロ 岡本義則 1488 34 福岡 4 4 まくり
16 1970年(昭和45年) 8月4日 下関 ハイドロ 山田豊志 884 35 福岡 5 - -
17 1971年(昭和46年) 8月17日 桐生 ハイドロ 瀬戸康孝 678 36 佐賀 1 - -
18 1972年(昭和47年) 7月19日 福岡 ハイドロ 彦坂郁雄 1515 31 千葉 6 5 差し
19 1973年(昭和48年) 9月4日 下関 ハイドロ 瀬戸康孝 678 38 佐賀 2 1 逃げ
20 1974年(昭和49年) 8月13日 丸亀 ハイドロ 野中和夫 2291 30 大阪 6 6 差し
21 1975年(昭和50年) 9月2日 下関 ハイドロ 北原友次 1481 35 岡山 6 3 抜き
22 1976年(昭和51年) 8月17日 桐生 ハイドロ 渡辺義則 2325 28 宮崎 1 6 差し
23 1977年(昭和52年) 8月30日 浜名湖 ハイドロ 加藤峻二 1485 35 埼玉 1 3 差し
24 1978年(昭和53年) 8月24日 唐津 ハイドロ 村上一行 2073 33 岡山 2 4 まくり
25 1979年(昭和54年) 8月8日 丸亀 ハイドロ 野中和夫 2291 35 大阪 2 5 まくり
26 1980年(昭和55年) 8月5日 常滑 ハイドロ 栗原孝一郎 2324 32 埼玉 3 3 差し
27 1981年(昭和56年) 8月5日 平和島 ハイドロ 高峰孝三 2390 35 群馬 4 6 -
28 1982年(昭和57年) 8月10日 蒲郡 ハイドロ 彦坂郁雄 1515 41 千葉 1 5 2周1M差し
29 1983年(昭和58年) 8月16日 戸田 ハイドロ 望月重信 2626 34 神奈川 3 2 まくり
30 1984年(昭和59年) 8月7日 若松 ハイドロ 北原友次 1481 44 岡山 5 1 逃げ
31 1985年(昭和60年) 8月6日 下関 ハイドロ 野中和夫 2291 41 大阪 2 1 2周2M差し
32 1986年(昭和61年) 8月5日 芦屋 ハイドロ 倉重宏明 2036 42 福岡 4 1 逃げ
33 1987年(昭和62年) 8月5日 丸亀 ハイドロ 国光秀雄 2697 33 長崎 2 4 まくり
34 1988年(昭和63年) 8月9日 浜名湖 ハイドロ 松野寛 1592 47 静岡 2 1 逃げ
35 1989年(平成元年) 8月8日 福岡 ハイドロ 松田雅文 2502 38 福岡 6 1 逃げ
36 1990年(平成2年) 8月7日 丸亀 ハイドロ 平尾修二 2485 42 香川 6 5 差し
37 1991年(平成3年) 8月7日 下関 ハイドロ 西田靖 3072 29 神奈川 1 4 2周1M差し
38 1992年(平成4年) 8月31日 浜名湖 ハイドロ 今村豊 2992 31 山口 1 3 2M差し
39 1993年(平成5年) 9月1日 福岡 ハイドロ 原田順一 2273 43 福岡 2 2 差し
40 1994年(平成6年) 8月30日 児島 ハイドロ 関忠志 2380 43 岡山 1 1 逃げ
41 1995年(平成7年) 8月29日 三国 ハイドロ 中道善博 2096 46 徳島 5 2 まくり
42 1996年(平成8年) 9月1日 蒲郡 ハイドロ 新良一規 2930 40 山口 3 4 ツケマイ
43 1997年(平成9年) 9月2日 若松 ハイドロ 安岐真人 1864 52 香川 4 5 まくり差し
44 1998年(平成10年) 8月30日 多摩川 ハイドロ 長岡茂一 3227 33 東京 4 4 まくり差し
45 1999年(平成11年) 8月29日 児島 ハイドロ 山本浩次 3558 26 岡山 2 1 抜き
46 2000年(平成12年) 8月27日 若松 ハイドロ 西島義則 3024 38 広島 6 5 差し
47 2001年(平成13年) 9月2日 多摩川 ハイドロ 市川哲也 3499 32 広島 3 5 ツケマイ
48 2002年(平成14年) 9月1日 蒲郡 ハイドロ 今垣光太郎 3388 32 石川 2 1 逃げ
49 2003年(平成15年) 8月31日 唐津 ハイドロ 田中信一郎 3556 30 大阪 1 1 逃げ
50 2004年(平成16年) 8月29日 蒲郡 ハイドロ 今垣光太郎 3388 34 石川 3 5 抜き
51 2005年(平成17年) 9月4日 若松 ハイドロ 菊地孝平 3960 27 静岡 2 3 まくり
52 2006年(平成18年) 9月3日 桐生 ハイドロ 中村有裕 4012 26 滋賀 1 1 逃げ
53 2007年(平成19年) 9月2日 蒲郡 ハイドロ 魚谷智之 3780 31 兵庫 2 2 差し
54 2008年(平成20年) 8月31日 若松 ハイドロ 今垣光太郎 3388 38 石川 2 3 まくり差し
55 2009年(平成21年) 8月30日 丸亀 ハイドロ 池田浩二 3941 31 愛知 3 3 差し
56 2010年(平成22年) 8月29日 蒲郡 ハイドロ 今村豊 2992 49 山口 1 1 逃げ
57 2011年(平成23年) 8月28日 福岡 ハイドロ 瓜生正義 3783 35 福岡 4 4 まくり
58 2012年(平成24年) 8月26日 桐生 ハイドロ 瓜生正義 3783 36 福岡 1 1 逃げ
59 2013年(平成25年) 9月1日 丸亀 ハイドロ 毒島誠 4238 29 群馬 1 1 逃げ
60 2014年(平成26年) 8月31日 若松 ハイドロ 白井英治 3897 37 山口 2 2 まくり
61 2015年(平成27年) 8月30日 蒲郡 ハイドロ 篠崎元志 4350 29 福岡 2 2 抜き
62 2016年(平成28年) 8月28日 桐生 ハイドロ 菊地孝平 3960 38 静岡 2 2 抜き
63 2017年(平成29年) 8月27日 若松 ハイドロ 寺田祥 3942 38 山口 1 1 逃げ
64 2018年(平成30年) 8月27日 丸亀 ハイドロ 毒島誠 4238 34 群馬 1 1 逃げ

今後の開催予定編集

  • 第65回大会 2019年(令和元年)8月27日 - 9月1日 ボートレース大村(ナイター開催)[1]
  • 第66回大会 2020年(令和2年)8月25日 - 30日 ボートレース下関(ナイター開催)[8]

脚注編集

外部リンク編集