モーニングスター大賞

モーニングスター大賞(もーにんぐすたーたいしょう)は、かつて実施されていた新紀元社独自のライトノベル文学賞である。「星球大賞」という別名もつけられていた。

モーニングスター大賞
日本の旗 日本
主催新紀元社
初回2017年
最新回2018年
公式サイトhttp://www.shinkigensha.co.jp/morningstar_contest/

概要編集

モーニングスターブックスの創刊に伴って作られた新紀元社独自の賞で、小説投稿サイト「小説家になろう」で開催されていた[1]

モーニングスター大賞では、「グランプリ」「ファンタジー賞」「入賞」という3つの賞が設けられ、受賞作には3巻までの刊行が約束された[2]他、落選した本の中から新紀元社の社長賞も設けられていた[3]

受賞作品はポイントで決めるのではなく、作品を査読した上で判断するとしていた[3]

受賞作品一覧編集

回数の欄の年は、賞の結果が発表された年を示している。

回数 タイトル 作者 応募総数 出典
第1回

(2017年)

大賞 勇者召喚に巻き込まれたけど、異世界は平和でした 灯台 4898作品 [4]
受賞 必中の投擲士 〜石ころ投げて聖女様助けたった!〜 餅々ころっけ
余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です
椅子を作る人 こいし
第2回

(2018年)

ファンタジー賞 逆鱗のハルト 3592作品 [5][6]
受賞 イケメンに転生したけど、チートはできませんでした。 みかんゼリー

脚注編集

  1. ^ 新レーベル『モーニングスターブックス』が今夏創刊! 小説コンテスト「モーニングスター大賞」の開催も決定”. ラノベニュースオンライン (2016年5月27日). 2021年3月5日閲覧。
  2. ^ 【レポート】過去最多の書籍化発表や重大告知も! 第15回なろうラジオ公開生放送の模様をお届け”. ラノベニュースオンライン (2016年5月28日). 2021年3月5日閲覧。
  3. ^ a b コンテストの特徴”. モーニングスター大賞. 新紀元社. 2021年3月5日閲覧。
  4. ^ 第一回モーニングスター大賞特集ページ”. モーニングスター大賞. 新紀元社. 2021年3月5日閲覧。
  5. ^ 第二回モーニングスター大賞の最終審査結果が発表 「ファンタジー賞」など2作品が受賞へ”. ラノベニュースオンライン (2018年1月20日). 2021年3月5日閲覧。
  6. ^ 第二回モーニングスター大賞”. モーニングスター大賞. 新紀元社. 2021年3月5日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集