メインメニューを開く

モーニング・ムーンは粗雑に』(モーニング・ムーンはそざつに)は、1981年に公開された日本映画。制作はアミューズ、配給はスーパーハリウッド。

モーニング・ムーンは粗雑に
監督 渡辺正憲
脚本 小林竜雄
製作 大里洋吉
音楽 八木正生
撮影 田中正博
製作会社 アミューズ
配給 スーパーウッド
公開 1981年6月21日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

『モーニング・ムーンは粗雑に』という題名は桑田佳祐の命名[1]。「ビートルズナンバーからのいただき」と当時の映画誌に書かれているが「ジュリア」の歌詞の一部かどうかははっきり書かれていない。

目次

あらすじ編集

アメ車ダッジを手に入れたばかりの20歳の青年と女子短大生が横浜で出会い、1日だけのストーリーをサザンオールスターズの音楽に乗せて描く[1]

スタッフ編集

  • 企画制作:アミューズ
  • 配給:スーパーハリウッド
  • 監督:渡辺正憲
  • 監督補:鴨田好史
  • 製作:大里洋吉
  • プロデューサー:松本廣、岸本一男、横山元一
  • 脚本:小林竜雄
  • 撮影:田中正博
  • 美術:秋田谷宣博
  • 照明:金沢正夫
  • 音楽監督:桑田佳祐
  • 音楽:八木正生

キャスト編集

楽曲編集

製作経緯編集

1970年代後半から、映画製作に映画外企業からの参入が増え、同時に独立プロの映画作りも盛んになった[2]。1981年3月、音楽事務所アミューズが「アミューズ・シネマ・シティ」という映画製作の会社を設立し、旗揚げとして3本の企画を発表した[2]。アミューズの当時の看板タレントはサザンオールスターズ、ジューシィ・フルーツ岡林信康だった[2]。本作『モーニング・ムーンは粗雑に』を第一作に、小林竜雄脚本、新人・渡辺正憲監督で、公募の新人を主役にメルヘン風シティーロマンを、第二作は小林竜雄監督で『いつだってヘビータイム(仮題)』、第三作は桑田佳祐主演で、瀬戸内シージャック事件を描いた青春もの[注 1]を予定していると発表した[2]。会社の特徴としてサウンドに力を入れると説明し『モーニング・ムーンは粗雑に』は、桑田佳祐が音楽を手掛けると話した[2]。配給のスーパーハリウッドは、代表が大里洋吉のため[3]、同じアミューズ系列のニューミュージックの興行を手掛ける会社と見られ[2]、上映方法は全国180都市の市民会館やホールで上映すると説明した[2]。1980年に東京キッドブラザースが自主映画『霧のマンハッタン』をこの方式で上映をした[2]

1981年5月、『モーニング・ムーンは粗雑に』の製作発表記者会見が行われ[1]、1万3000人の主役募集のオーディションに合格した主役の明治学院大学生の斎藤淳之介[3]、高樹澪[4]、 監督の渡辺正憲、サザンオールスターズのメンバーが出席した[1]。高樹は本作のヒロイン名から芸名を付けた[3]。製作費約5000万円[1]、横浜を中心にオールロケと発表。監督の渡辺正憲は渡辺プロダクション出身で、ナベプロ企画の映画やテレビドラマに関わってきた人で映画の監督は初めて。「『ジョンとメリー』みたいな話をやってみたい」と述べた。桑田佳祐は「これまでの日本映画の音楽は、もうひとつポップになり切れていないような気がするので、こんどは思いっきりやってみたい」と話した[1]。3月の発表のときは全国180都市の市民会館やホールで上映すると説明したが、7月中旬から全国70都市のホールや公会堂で上映すると修正された[1]。実際の上映形態は不明であるが「ロードショー」1981年10月号に「10月下旬からTCCチェーンで公開」と書かれているため[5]、1981年6月21日に先のような上映があり[5]、1981年10月下旬からTCCチェーン(東映系)[注 2]で全国公開したものと見られる。

ソフト化とテレビ放映編集

上映から5年後の1986年にアミューズからビデオ化され2003年にDVD化され、90年代に深夜で唯一のTV放送がされた。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 松竹奥山和由プロデュースにより石原良純主演『凶弾』として映画化。
  2. ^ 東映シネマサーキットの略で[6]東映セントラルフィルムに似た東映本体による配給形態。独立プロに門戸を開放し、若いプロデューサーや監督の登竜門になることを企図した。製作費の一部を負担し、東京新宿東映ホールと、大阪・福岡・名古屋・札幌の東映系列の5館でのロードショー公開を保証した。東映番線の作品と併映になることもあった[6]。1979年4月に開設され、適用第一作が1979年の『下落合焼とりムービー[6]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 「洋画ファンのための邦画コーナー 製作ニュース」『SCREEN』1981年6月号、近代映画社、 242頁。
  2. ^ a b c d e f g h 「洋画ファンのための邦画コーナ ー製作ニュース」『SCREEN』1981年4月号、近代映画社、 234頁。
  3. ^ a b c 「若きスタッフ陣が、映像と音楽とドラマを結合させた注目作...『モーニング・ムーンは粗雑に』」『映画情報』1981年8月号、国際情報社、 38頁。
  4. ^ 「ボイン」誕生50周年!あの「癒しのバスト」に会いたい!(3)<直撃3>高樹澪
  5. ^ a b 「邦画マンスリー 今月の新人 銀行のOLから女優に転向 高樹澪」『ロードショー』1981年10月号、集英社、 243頁。
  6. ^ a b c 『クロニクル東映:1947-1991』Ⅱ、東映、1992年、68-69頁。

外部リンク編集