メインメニューを開く

主因編集

イングランドノーサンバーランドモーペス英語版にはブリテンにある主要な鉄道路線の中で最もきついカーブ(半径17 チェーンまたは340メートル)であると言われている。線路はモーペス駅英語版のすぐ西で北西の方角から東の方角へ向けてほぼ98°の角度で曲がっており、このカーブ前後のイースト・コースト本線のセクションは高速走行できる[1]。これは1969年から1994年の間に発生した3件の列車脱線事故の主因となった。このカーブには50マイル毎時 (80 km/h)の恒久速度制限 (permanent speed restriction) が設けられている。

1877年の脱線事故編集

モーペス列車脱線事故(1877年)
発生日 1877年3月25日
  イングランド
場所 ノーサンバーランド州モーペス
路線 イースト・コースト本線
原因 欠陥のある線路
統計
列車数 1本
死者 5人
負傷者 17人
テンプレートを表示

1877年3月25日、午後10時30分のエディンバラ発ロンドン・キングス・クロス行き列車がカーブで脱線した。列車はわずか25マイル毎時 (40 km/h)で走行中であった。鉄道検査局 (Railway Inspectorate) からの役員のキャプテン・ヘンリー・タイラー英語版は欠陥のある線路が事故原因であることを発見した。また彼は以下のことを明敏に述べた。「もしそのように急なカーブを本線に使用しないようにする deviation line が建設されれば、間違いなく良くなるであろう。 ("It would obviously be better if a deviation line could be constructed, to avoid the use of so sharp a curve on a main line")」この事故から130年以上過ぎたが、この"deviation line"はいまだに建設されていない[2]

1969年の脱線事故編集

モーペス列車脱線事故(1969年)
発生日 1969年5月7日
発生時刻 01:31
  イングランド
場所 ノーサンバーランド州モーペス
路線 イースト・コースト本線
原因 カーブでの速度超過
統計
列車数 1本
乗客数 206人
死者 6人
負傷者 46人
テンプレートを表示

1969年5月7日、北行きのロンドンアバディーン行き寝台急行列車がカーブで脱線した。6人が死亡、21人が負傷し、モーペス駅の北行きプラットホームの屋根が破壊された。列車は80マイル毎時 (130 km/h)で走行中であった。運転士は勤務中にブッキングしていた時に渡された前回の乗務でのタイムロスについての説明を求めていた公文書について考えていたため注意散漫であったらしい[3][訳語疑問点]この事故の調査は自動列車警報装置を介する主要な制限速度に対する警報の実装につながった[4]。However, despite the recommendation for this system stemming from the accident at Morpeth and the common reference to the 'Morpeth warnings', the gradually stepped speed restriction for the Morpeth curve did not meet the guidelines for this system and it was not installed until at least after the 1984 derailment.[5]

1984年の脱線事故編集

モーペス列車脱線事故(1984年)
発生日 1984年6月24日
発生時刻 00:40
  イングランド
場所 ノーサンバーランド州モーペス
路線 イースト・コースト本線
原因 カーブでの速度超過
統計
列車数 1本
死者 0人
負傷者 35人
テンプレートを表示

1984年6月24日、南行きのアバディーン発ロンドン行き寝台急行列車が同じ場所で脱線した。死者は出なかったものの乗客29人と乗務員6人が負傷した。2軒の家はかろうじて散乱した客車により破壊されずにすんだ。列車は85から90mph (137から145km/h)で走行中であったと推測される[6]

The driver involved in this accident, Mr Allen, was prosecuted for being under the influence of alcohol, but acquitted after what was described by the Expert Witness Institute as an ambush defence.[7] Driver Allen had consumed alcohol both before and after booking on duty, but the defence countered that he suffered from bronchitis and had in the past experienced severe coughing fits that had caused him to fall unconscious.

1992年の事故編集

モーペス鉄道事故(1992年)
発生日 1992年11月13日
  イングランド
場所 モーペス
原因 運転士と信号扱手の間のミスコミュニケーション
統計
列車数 2本
死者 1人
テンプレートを表示

1992年11月13日にモーペスで2本の貨物列車が衝突し1人が死亡するという、モーペスのカーブとは関係ない別の事故が発生した。56形ディーゼル機関車英語版がパイプ列車の後部に衝突した。機関車の運転席が破壊され運転士が死亡した。The accident occurred during engineering work and was the result of the locomotive driver and the signaller at Morpeth failing to come to a clear understanding concerning required movements.[8]

1994年の脱線事故編集

モーペス鉄道事故(1994年)
発生日 1994年6月27日
  イングランド
場所 ノーサンバーランド州モーペス
原因 居眠り
統計
列車数 1本
死者 0人
負傷者 0人
テンプレートを表示

1994年6月27日、急行小包列車 (express parcels train) がカーブで脱線した。機関車と大半の車両が転覆した。死者は出なかったが運転士が負傷した。1969年と1984年の事故と同様に列車は80 mph (130 km/h)で走行中であった。英国健康安全局英語版は列車は75 mph (120 km/h)以上で走行すると転覆すると推定し、また「1994年のモーペスでの事故はとても深刻な出来事であり、死者が出たかもしれなかった ("Morpeth 1994 was a very serious event, which could easily have been fatal")」と特筆した[9]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Google maps satellite view of the location
  2. ^ Hall, Stanley: "Railway Detectives" publ. Ian Allan 1990, ISBN 0-7110-1929-0; page 50.
  3. ^ Robertson, J.R.H.:"Report on the Derailment that occurred on 7 May 1969 at Morpeth", paragraphs 60, 69-70.
  4. ^ Robertson, paragraphs 71-77.
  5. ^ Townsend-Rose, A.G.: "Report on the Derailment that occurred on 24 June 1984 at Morpeth", paragraphs 9, 104.
  6. ^ Townsend-Rose, paragraphs 48-56, 103.
  7. ^ Expert Witness institute - Newsletter, Autumn 2004 (PDF)
  8. ^ 1992 Accident Report (PDF)
  9. ^ Health and Safety Executive notice on Network Rail speed limits (PDF)

関連書編集

  • Hall, Stanley (1987). Danger Signals. Ian Allan. 

外部リンク編集