モーリス・ルーカス

モーリス・ルーカス (Maurice Lucas, 1952年2月18日 - 2010年10月31日) は、アメリカ合衆国の元プロバスケットボール選手。身長206cm、体重97kg。ポジションはパワーフォワードABA及びNBAで8チームを渡り歩き、計14シーズンプレーした。1977年ポートランド・トレイルブレイザーズ優勝メンバー。

モーリス・ルーカス
Maurice Lucas
Maurice Lucas.jpg
故人
ポジション PF
基本情報
愛称 The Enforcer
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1952年2月18日
没年月日 (2010-10-31) 2010年10月31日(58歳没)
出身地 ペンシルベニア州ピッツバーグ
身長(現役時) 206cm (6 ft 9 in)
体重(現役時) 97kg (214 lb)
キャリア情報
出身 マーケット大学
ドラフト 1974年 14位
永久欠番 トレイルブレイザーズ  20 
選手経歴
1974-1975
1975-1976
1976-1980
1980-1981
1981-1982
1982-1985
1985-1986
1986-1987
1987-1988
スピリッツ・オブ・セントルイス
ケンタッキー・カーネルズ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
ニュージャージー・ネッツ
ニューヨーク・ニックス
フェニックス・サンズ
ロサンゼルス・レイカーズ
シアトル・スーパーソニックス
ポートランド・トレイルブレイザーズ
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten

経歴編集

大学時代編集

ペンシルベニア州ピッツバーグで生れたルーカスはマーケット大学に進学し、名将アル・マグワイアのもとでプレーした。1974年にはチームをNCAAトーナメント決勝初進出に導き、ノースカロライナ州立大学に敗れたものの自身は21得点13リバウンドと活躍した。大学では2年間のプレーで平均15.7得点10.7リバウンドを記録している。

ABA編集

1974年、ルーカスはNBAドラフトシカゴ・ブルズから全体14位指名を受けたがNBA入りせず、ABAのスピリッツ・オブ・セントルイスに入団した。1年目から平均ダブルダブルをあげるなど存在感を見せたルーカスは、翌1975-76シーズン途中にケンタッキー・カーネルズに移籍し、オールスターにも初選出された。カーネルズはプレーオフ準決勝でデンバー・ナゲッツに敗れてシーズンを終えた。

シーズン終了後、ABAとNBAの合併に伴ってカーネルズが解散したため、ルーカスはエクスパンション・ドラフトポートランド・トレイルブレイザーズに移籍してNBAキャリアをスタートさせた。

NBA編集

当時のブレイザーズは創設以来1度もプレーオフに進出したことがない弱小球団だったが、ルーカスの加入によってチームは劇的な向上を見せた。NBA1年目となる1976-77シーズン、ルーカスはチームトップとなる平均20.2得点を記録してオールスターに選ばれた。ルーカスとビル・ウォルトンに率いられたブレイザーズは49勝を記録して球団史上初のプレーオフ進出を決め、その勢いでファイナルまで勝ち上がってフィラデルフィア・76ersと対決した。ファイナル第2戦、ルーカスは76ersのダリル・ドーキンスと乱闘事件を起こして退場処分を受けたが、これにより逆に奮起したブレイザーズは第3戦以降主導権を握り、最終的に4勝2敗で初優勝を成し遂げた。ファイナルMVPはウォルトンが受賞したが、ルーカスはチーム首位のシリーズ平均19.7得点に加えてエネルギッシュなプレーでチームメイトを鼓舞し、優勝に多大な貢献を果たした。

翌1977-78シーズン、ルーカスは2年連続でオールスターに選ばれ、さらに自身初のオールNBA2ndチームオールディフェンシブ1stチームに名を連ねるなど絶好調のシーズンを過ごした。ブレイザーズはリーグ首位の58勝をあげたが、ウォルトンの故障もあってプレーオフではカンファレンス準決勝で敗退している。1978-79シーズンはウォルトンが全休したためルーカスはエースを任され、キャリアハイとなる平均20.4得点の成績で3年連続のオールスター選出を果たしたが、プレーオフでは1回戦敗退に終った。そして1979-80シーズン途中、ルーカスはカルヴィン・ナットとの交換でニュージャージー・ネッツにトレードされた。

ルーカスはネッツで1シーズン半を過ごした後ニューヨーク・ニックスに移籍し、その1年後にフェニックス・サンズと契約した。サンズ1年目の1982-83シーズン、ルーカスは平均16.5得点をあげ、4年ぶり4度目のオールスター選出を果たした。翌1983-84シーズンにはラリー・ナンスウォルター・デイヴィスとともにチームをプレーオフのカンファレンス決勝に導いている。その後もう1シーズンをサンズで過ごし、1985年にロサンゼルス・レイカーズに移籍した。

当時レイカーズはマジック・ジョンソンを中心に圧倒的な強さを誇っており、ルーカスはシックスマンとしてチームに貢献した。1985-86シーズン、レイカーズはプレーオフのカンファレンス決勝でヒューストン・ロケッツに敗れ、連続ファイナル進出が4年でストップした。ルーカスはシーズン終了後シアトル・スーパーソニックスに移籍してそこで1シーズンをプレーした後、古巣ポートランド・トレイルブレイザーズに復帰した。

ブレイザーズで迎えた1987-88シーズン、クライド・ドレクスラーテリー・ポーターらに率いられたチームは53勝を記録した。これはかつてルーカスがブレイザーズの主力だった1977-78シーズン以来の数字だった。チームはプレーオフ1回戦で敗退し、ルーカスはこのシーズン限りで現役を引退した。引退から間もなくして、ルーカスの背番号『20』がブレイザーズの永久欠番となることが発表された。

ABAとNBAを合算した成績は、1,021試合に出場して通算14,857得点9,306リバウンド(平均14.6得点9.1リバウンド)であった。

引退後編集

ルーカスは引退後の短期間、ブレイザーズのアシスタントコーチを務めた。その後2005年に再び同職に就いて指導を行ったが、健康不安のため2010年に退任した。

1997年にはABAオールタイムチームに選出された。

2010年、ルーカスはオレゴン州ポートランドの自宅にて58歳の若さで死去した。これを受け、ブレイザーズは2010-11シーズンのジャージに20本のパッチをつけて彼の業績を称えた。

エピソード編集

  • レイカーズ時代の1985年12月4日に行われたユタ・ジャズとの一戦で、60フィートの距離から同点ブザービーターを決めて試合をオーバータイムに持ち込んだ。試合はレイカーズが131-127で勝利している。
  • ビル・ウォルトンの息子であるルーク・ウォルトン(現サクラメント・キングスHC)の名はルーカスにちなんでつけられた。

個人成績編集

NBAチャンピオン
太字 キャリアハイ

レギュラーシーズン編集

Season Team GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
1974-75 SSL 80 30.8 .467 .222 .786 10.2 3.6 1.1 .8 13.2
1975-76 28 38.0 .460 .000 .731 15.1 2.8 .7 .8 20.4
KEN 58 31.0 .461 .429 .784 9.4 2.5 1.0 .6 15.3
1976–77 POR 79 36.2 .466 .765 11.4 2.9 1.1 .7 20.2
1977–78 68 31.2 .458 .767 9.1 2.5 .9 .8 16.4
1978–79 69 35.7 .470 .783 10.4 3.1 1.0 1.2 20.4
1979–80 41 28.7 .440 .400 .730 7.9 3.0 .6 .9 14.3
NJN 22 32.2 .490 .000 .775 9.6 3.8 .9 1.2 15.2
1980–81 68 31.8 .484 .000 .752 8.5 2.5 .8 .9 14.7
1981–82 NYK 80 74 33.4 .504 .000 .725 11.3 2.2 .9 .9 15.8
1982–83 PHO 77 71 33.6 .474 .333 .781 10.4 2.8 .7 .6 16.5
1983–84 75 69 30.8 .497 .000 .765 9.7 2.7 .7 .5 15.9
1984–85 63 22 26.5 .476 .000 .750 8.8 2.3 .6 .3 13.4
1985–86 LAL 77 8 22.7 .462 .500 .783 7.4 1.1 .6 .3 10.2
1986–87 SEA 63 0 17.8 .451 .000 .802 4.9 1.0 .5 .3 7.9
1987–88 POR 73 0 16.3 .450 .000 .736 4.3 1.3 .5 .1 6.1
Career 1,021 244 29.5 .471 .143 .765 9.1 2.4 .8 .6 14.6
All-Star 5 2 20.8 .400 .750 7.2 2.2 .5 .3 7.8

プレーオフ編集

Year Team GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
1975 SSL 10 37.5 .444 .000 .659 14.7 5.0 1.2 1.4 16.3
1976 KEN 10 33.0 .493 .789 10.8 2.2 .8 .6 16.5
1977 POR 19 38.5 .519 .743 9.9 4.2 1.5 1.2 21.2
1978 6 38.8 .426 .579 12.5 2.5 .7 .3 17.2
1979 3 34.7 .341 .714 10.7 6.0 1.0 .3 11.0
1983 PHO 2 28.5 .571 .500 6.0 4.0 1.5 .0 13.0
1984 17 33.5 .511 .808 9.9 3.6 .7 .5 17.4
1985 3 0 28.0 .468 .789 11.0 3.3 .7 .7 19.7
1986 LAL 14 0 22.8 .527 .737 6.5 .7 .4 .4 9.4
1987 SEA 14 0 18.9 .389 .000 .737 4.6 1.4 .9 .4 7.0
1988 POR 4 0 15.8 .308 .500 6.3 1.3 .3 .0 2.5
Career 102 0 30.7 .480 .000 .736 9.3 2.9 .9 .6 14.6

関連項目編集

外部リンク編集