メインメニューを開く

モーリタニア航空インターナショナル

モーリタニア航空インターナショナル(Mauritania Airlines International)はモーリタニア航空会社首都ヌアクショットヌアクショット空港ハブとしており、現在モーリタニアのフラッグキャリアとなっている。2010年に運航停止したモーリタニア・エアウェイズの後継として設立された[1]

モーリタニア航空インターナショナル
Mauritania Airlines International
IATA
M6
ICAO
MAI
コールサイン
-
設立 2010年
ハブ空港 ヌアクショット空港
保有機材数 3機
就航地 11都市
本拠地 モーリタニアの旗 モーリタニア ヌアクショット
外部リンク http://www.blue-panorama.com/
テンプレートを表示

目次

就航都市編集

モーリタニア航空インターナショナルは主に西アフリカの中・短距離路線を中心に路線展開をしている。設立以来EU域内乗り入れ禁止航空会社に指定されていたが、2012年12月に指定が解除され、現在は季節運航ではあるが、パリシャルル・ド・ゴール国際空港へ乗り入れている[2]

 
上空からみたヌアクショット市街
 
マリの首都バマコ

機材編集

2012年12月の時点では、モーリタニア航空インターナショナルは3機のボーイング社の機材で運航を行っている[3]

モーリタニア航空インターナショナルの機材
機種 機数
ボーイング737-500
2
ボーイング737-700
1
合計 3

脚注編集

外部リンク編集