モーレーシュヴァル・ピンガレー

モーレーシュヴァル・ピンガレーマラーティー語:मोरेश्वर पिंगळे, Moreshvar Pingale, 生年不詳 - 1689年3月11日

生涯編集

1683年、父モーロー・パント・トリンバク・ピンガレーが死亡したので、引き継いで宰相となった。

1689年2月、モーレーシュヴァル・ピンガレーはマラーター王サンバージーとともにムガル帝国軍にサンガメーシュワルで捕えられたのち、3月11日 に王とともにトゥラープルで処刑され[1]、その肉は犬の餌にされた[2]

脚注編集

  1. ^ Satara 3
  2. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、pp.242-243

参考文献編集

  • フランシス・ロビンソン 著、月森左知 訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206 - 1925)』創元社、2009年。 

関連項目編集