メインメニューを開く

ヤオ族(ヤオぞく、瑶〈よう〉族)は中国湖南省から雲南省東南アジア北部の主に山地に広く住む少数民族である。

ヤオ族
中国語 瑶族
ベトナム語 người Dao
ヤオ族の女性
居住地域
中華人民共和国の旗 中国 3,100,000
ベトナムの旗 ベトナム 474,000 (1989)[1]
タイ王国の旗 タイ 41,700 (1995)[1]
ラオスの旗 ラオス 22,600 (1995)[1]
ミャンマーの旗 ミャンマー 不明[1]
言語
Mienic諸語英語版Bunu諸語英語版Pa-Hng語英語版Lakkja語英語版湘南土話英語版粤北土話中国語ベトナム語
宗教
ヤオ道教英語版仏教

分布・言語編集

ヤオ族はユーミエン(Iu Mien)もしくはミエン(Mien)、キン・ムン(Kin mun)を民族自称するが、中国では瑶族、タイラオスではヤオ(Yao)、ベトナムではザオ(Dao / 瑶)と呼ばれている[1]

中国のヤオ族は、ミャオ・ヤオ語族のヤオ語群に属するミエン語、ミャオ語群に属するプヌ語タイ・カダイ語族に属するラッキャ語漢語を話す同一のアイデンティティを持つ諸集団であり、半数以上の人口はミエン語話者である。

東南アジアのヤオ族は主に中国との国境地帯に居住している。日常はミエン語を話すが、儀礼の場では特殊な語彙を持つミエン歌謡語や、雲南漢語、広東語が使われる。

歴史・伝承編集

中国では、ヤオ族は武陵蛮・五渓蛮と称された古代湖南の山地住民の子孫であるという説が有力である[1]。ヤオ族の言語の多様性から、ヤオ族が南嶺山脈を南下する過程で他の民族を吸収し現在の分布に至ったと考えられ、シェ族と系統的に近いと見られている[1]

ヤオ族の多くは、槃瓠(ばんこ)という竜犬が敵の王を討ち取る手柄を立て、漢族の王女と夫婦になり、その間に生まれた6男6女がヤオ族の12姓の始祖となったとする「槃瓠神話」を有する。槃瓠神話は『後漢書南蛮伝』に同型の記載があり、『過山榜』『評皇券牒』という山地民の権利文書によって伝わっている[1]。 この伝承が史記に取り入れられ、後に日本に伝わって南総里見八犬伝に取り入れられたとされている。

また、タイのヤオ族には、南京にいた12姓の祖先が干魃を逃れて海に乗り出したところ難破しそうになるが、盤皇という神に救助されたという「飄遙過海(ビウユーキアコイ)」神話が伝わっており、槃瓠神話よりもよく知られている[1]

文化編集

ヤオ族は主に山地で自給作物と換金作物を栽培する焼畑農業を生業とし、地味が衰えるごとに移住を繰り返してきたが、各国での焼畑の制限と定住化政策によって、第二次世界大戦後は村落を形成するようになっている[1]。親族組織は父系の姓を引き継ぐ父系出自を理念としており、どの国のヤオ族も漢字の姓名を持つ。タイのヤオ族では慣習法として一夫多妻も認められており、他民族との養子縁組もしばしば行われる。

ヤオ族の宗教は固有のアニミズム道教が習合したもので、人類学者のジャック・ルモワンは「ヤオ道教」と称した[1]。道教的色彩が強く、道教研究者からは正一教系と見られている。

中国におけるヤオ族の自治地域編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 吉野晃 2005, pp. 84-97.

参考文献編集

  • 吉野晃「ユーミエン(ヤオ)」『ファーストピープルズの現在:東南アジア』2、綾部恒雄(編)、明石書店〈世界の先住民族〉、2005年。ISBN 475032082X

関連項目編集

外部リンク編集