ヤクルト本社バレーボール部

ヤクルト本社バレーボール部(ヤクルトほんしゃバレーボールぶ)は、神奈川県藤沢市を本拠地に活動していたヤクルト本社の女子バレーボール部である。

ヤクルト本社バレーボール部
原語表記 ヤクルト本社バレーボール部
ホームタウン 神奈川県藤沢市
創設年 1972年
廃部年 1978年
チーム所在地 神奈川県藤沢市
体育館所在地 神奈川県藤沢市
 表示 

概要編集

1972年4月に創部[1]。1974、75年度に全日本6人制実業団優勝大会を連覇、実業団リーグ入替戦で久光製薬にも勝利して、チーム創部3年で実業団リーグ(チャレンジリーグの前身)入りを決めた。チームのモットーは全国6万人とも言われた「ヤクルトレディから親しまれるチーム」。試合で全国を転戦する時には、地元のヤクルトレディたちが応援団となった。

ヤクルト本社藤沢工場にあった体育館の入口には大松博文の「為せば成る」という言葉の額が飾り付けてあった。近隣のママさんバレーボールチームを対象にした講習会などを通じて地域密着を図った。

実業団リーグには3シーズン在籍したが、1978年に入替戦に敗れリーグから陥落。ヤシカ廃部に伴う補充大会に推薦された[2]が逆にヤクルトチームも廃部となった。なお、同年にはヤクルトスワローズ日本シリーズで初優勝を飾っている。

成績編集

主な成績編集

年度別成績編集

大会名 順位 参加チーム数 試合数
実業団リーグ 第7回 (1975/76) 4位 6チーム 10 6 4
第8回 (1976/77) 5位 6チーム 10 2 8
第9回 (1977/78) 6位 6チーム 10 1 9

所属選手編集

1977年度の選手・スタッフは次の通り。

選手編集

背番号 名前 年齢 国籍 Position 備考
1 北原明美 22   日本 レフト
2 田中芳江 22   日本 セッター
3 阿部久子 23   日本 センター
4 橿村よし江 23   日本 レフト 主将
5 前田美智子 21   日本 レフト/ライト
6 藤本ひとみ 21   日本 センター
7 木ノ下恵美子 20   日本 セッター
8 曽根美恵子 20   日本 レフト/ライト
9 千葉康子 20   日本 センター
10 山本紀子 20   日本 レフト
11 蛭沼雅子 19   日本 ライト
12 千葉節子 18   日本 センター
13 和田緑 20   日本 レシーバー
14 藤井由美子 23   日本 レシーバー
- 与田正子 24   日本 ライト
- 増田知子 25   日本 セッター

スタッフ編集

役職 名前 国籍 備考
部長 酒井清人   日本
監督 成田明彦   日本
コーチ 山内博   日本
マネージャー 福岡秀子   日本
マネージャー 伊藤鐘代   日本

脚注編集

  1. ^ 陸上競技部も同年に創部されている[1]
  2. ^ 月刊バレーボール1979年2月号 98ページ

参考文献編集

  • 月刊バレーボール 1977年1月号臨時増刊 '76-77チームの顔 132-133ページ
  • 月刊バレーボール 1978年1月号臨時増刊 '78チームの顔 138-141ページ

外部リンク編集