メインメニューを開く

ヤコフ・サンニコフロシア語: Яков Санников, ラテン文字転写: Yakov Sannikov1749年1825年)は、ロシア帝国商人であり、ノヴォシビルスク諸島への探検家でもある。エヴェンキ人とされている。

孫のフョードロヴィチロシア語版フリチョフ・ナンセンらの探検を支援した商人・慈善家として知られる。

業績編集

1800年にサンニコフはストルボヴォイ島を発見、海図に記載した。1805年にはファデエフスキイ島を発見した。1808年から1810年にはマトヴェイ・ゲデンシュトロムが率いる探検隊に参加した。1810年にサンニコフはノヴァヤ・シビリ島を横断しファデエフスキイ島を探検した。サンニコフはまたゼムリャ・ブンゲも発見している。サンニコフはコテリヌイ島の北に島があると主張、その島はサンニコフ島と呼ばれるが、現代では実在しないことが明らかにされている。しかしロシア及びソ連では、1944年まで存在すると考えられ、ゲデンシュトロムを始め、多くの探検家もサンニコフ島を目撃しており、彼らが何を見たのかは今も謎である。小リャーホフスキー島リャーホフスキー諸島に属す)とコテリヌイ島(アンジュー諸島に属す)との間の海峡にはサンニコフの名前がつけられている。

関連項目編集