ヤブモズ科(ヤブモズか、学名 Malaconotidae)は、鳥類スズメ目の科である。

ヤブモズ科
セグロヤブモズ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
上科 : カラス上科 Corvoidea
: ヤブモズ科 Malaconotidae
和名
ヤブモズ(藪鵙)
英名
Bushshrikes
Bush Shrikes

特徴編集

エチオピア区サハラ以南のアフリカ)に生息する。

大型昆虫や小脊椎動物などを捕食する。

系統と分類編集

ヤブモズ科は、メガネヒタキ科 Platysteiridaeオオハシモズ科 Vangidae などと共に単系統を形成する[1][2][3]

Sibley & Ahlquist (1990) はこれとほぼ同じ群をヤブモズ亜科 Malaconotinae とし、ヤブモズ科をその基底で分岐したヤブモズ族 Malaconotini とした。

ヤブモズ亜科 sensu S&A
core vangids

カンムリタンビヒタキ Bias

タンビヒタキ Megabyas

オオハシモズ科 Vangidae

メガネモズ属 Prionops

モズサンショウクイ科 Tephrodornidae*

core platysteirids

ヤブモズ科

ヒメヤブモズ Nilaus

チャイロヤブモズ属 Tchagra

ズグロヤブモズ Bocagia

フクレヤブモズ属 Dryoscopus

オオヤブモズ属 Malaconotus

ヤブモズ属 Laniarius

ミドリヤブモズ属 Chlorophoneus

バラフヤブモズ Rhodophoneus

キノドミドリヤブモズ Telophorus

伝統的にヤブモズ科とされてきたメガネモズ属 Prionopsオオハシモズ科に近縁であり、単型のメガネモズ科 Prionopidae に分離された。コマドリモズ Lanioturdusメガネヒタキ科 Platysteiridae に移された。ヤブモズ科またはヒヨドリ科 Pycnonotidae に分類されていたムシクイヒヨ属 Nicatorウグイス上科内の単型のムシクイヒヨ科 Nicatoridae となった。

一方、ヤブモズ科からメガネヒタキ科に移す説があったヒメヤブモズ Nilausフクレヤブモズ属 Dryoscopus は、ヤブモズ科にとどまった。

ヤブモズ科は伝統的にモズ科 Laniidae に近縁と考えられ、和名もそれを表しているが、モズ科は同じカラス上科ではあるもののカラス上科の中では離れている[4]

属と種編集

国際鳥類学会議 (IOC)[5]より。9属50種。

出典編集

  1. ^ Fuchs, J.; Bowie, R. C. K.; et al. (2004), “Phylogenetic relationships of the African bush-shrikes and helmet-shrikes (Passeriformes: Malaconotidae)”, Mol. Phylogenet. Evol. 33: 428–439 
  2. ^ Fuchs, J.; Fjeldså, J.; Pasquet, E. (2006), “An ancient African radiation of corvoid birds (Aves: Passeriformes) detected by mitochondrial and nuclear sequence data”, Zoo. Scripta 35: 375–385, http://research.calacademy.org/files/Departments/om/Fuchs%202006%20ZoolScripta.pdf 
  3. ^ Norman, Janette A.; Ericson, Per G. P.; et al. (2009), “A multi-gene phylogeny reveals novel relationships for aberrant genera of Australo-Papuan core Corvoidea and polyphyly of the Pachycephalidae and Psophodidae (Aves: Passeriformes)”, Mol. Phylogenet. Evol. 52 (2): 488–497, http://www.nrm.se/download/18.2656c41712139f1fb5b80006027/Norman+et+al+2009+core+Corvoidea.pdf 
  4. ^ Barker, F. Keith; Cibois, Alice; et al. (2004), “Phylogeny and diversification of the largest avian radiation”, Proc. Natl. Acad. Sci. 101 (30): 11040–11045, http://www.pnas.org/content/101/30/11040.full 
  5. ^ Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2010), “Batises to shrikes”, IOC World Bird Names (version 2.5), オリジナルの2009年2月13日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20090213113340/http://www.worldbirdnames.org/n-batises.html