ヤロスラフスキー駅

ヤロスラフスキー駅(ヤロスラフスキーえき、ロシア語: Ярославский вокзал)はロシア連邦モスクワ中央区にある、ロシア鉄道

ヤロスラフスキー駅
Moscow, Yaroslavsky Rail Terminal (20625630504).jpg
駅舎(2015年撮影)
Ярославский
Yaroslavsky
(2.9 km) モスクワIII
所在地 ロシアの旗 ロシア
Flag of Moscow, Russia.svg モスクワ市中央区クラスノセルスキー地区ロシア語版コムソモーリスカヤ広場ロシア語版 5
北緯55度46分35秒 東経37度39分26秒 / 北緯55.77639度 東経37.65722度 / 55.77639; 37.65722 (ヤロスラフスキー駅)
所属事業者 ロシア鉄道РЖД
モスクワ鉄道支社
所属路線 シベリア鉄道本線
ヤロスラヴリ近郊鉄道ロシア語版
キロ程 0.0 km(ヤロスラフスキー起点)
駅構造 地上駅
ホーム 10面16線
開業年月日 1862年
乗換 ロシア鉄道レニングラーツキー駅
ロシア鉄道カザンスキー駅
モスクワ地下鉄Moskwa Metro Line 1.svgコムソモーリスカヤ駅
モスクワ地下鉄Moskwa Metro Line 5.svgコムソモーリスカヤ駅
テンプレートを表示

概要編集

モスクワにおける9つのターミナル駅の1つであり、コムソモーリスカヤ広場英語版に位置する。9つのターミナル駅の中で最も多い乗降客数を誇る。シベリア鉄道ヤロスラヴリ近郊鉄道ロシア語版の起終点駅などとして機能している。駅名はヤロスラヴリ方面の列車が発着することに由来する。

シベリア鉄道の長距離列車は大半がこの駅から午後の発車となり、オムスクウラジオストクウランバートル北京平壌などに向かう。

駅は1862年に開業。現在の駅舎は1902年1904年ヒョードル・シェーフテリの設計で、ロシアの古い城塞クレムリ)を模して建設された。壁は彩色タイルが貼られている。

ちなみに駅舎には「ソヴィエト連邦」を表す「СССР」というキリル文字の頭文字のマークがある。

主な発着長距離列車編集

  • 2016年現在

歴史編集

ペテルブルクスキー駅(現:レニングラーツキー駅)の次のターミナル駅として1862年に建てられた。

現在のネオ・ロシア様式の駅舎は1902年から1904年にかけてヒョードル・シェーフテリの手によって建設された。1910年、プラットホームとコンコースをレフ・ケークシェフの手により拡張された。更に1965年1966年にかけてと1995年に駅の大拡張が行われた。今日では1日に300編成の列車が発着する大ターミナルに成長している[2]

駅構造編集

頭端式ホーム10面16線を有する地上駅である。駅舎内にテナントとしてカフェ薬局などが入っている。

駅周辺編集

 
駅前のコムソモーリスカヤ広場

近接する鉄道駅・地下鉄駅編集

隣の駅編集

ロシア鉄道
シベリア鉄道
ロシア号、3・4列車、5・6列車、ヴォストーク号、エニセイ号、タミチ号
ヤロスラフスキー駅 - ウラジーミル駅
ヤロスラヴリ近郊鉄道
エレクトリーチカ
ヤロスラフスキー駅 - モスクワIII駅

脚註編集

  1. ^ http://vszd.rzd.ru/news/public/ru?STRUCTURE_ID=2&layer_id=4069&refererLayerId=3307&id=13256 (ロシア語)
  2. ^ Russian: Энциклопедия "Москва", M, 1997 (Encyclopedia of Moscow, Moscow, 1997)

関連項目編集

外部リンク編集