ヤロスラフ・ムスチスラヴィチ

ヤロスラフ・ムスチスラヴィチロシア語: Ярослав Мстиславич、? - 1199年)はユーリー・ドルゴルーキーの孫、ムスチスラフ・ユーリエヴィチの子である。ノヴゴロド公:1176年、ペレヤスラヴリ・ザレスキー公:1176年 - 1187年、ヴォロコラムスク公:1177年 - 1178年、ペレヤスラヴリ公:1187年 - 1199年。通称クラスヌィー(ロシア語: Красный:赤いの意)。

生涯編集

1176年ウラジーミル大公位におじのフセヴォロドが就くことが承認された後に、ノヴゴロドの人々は、ノヴゴロド公位にあったムスチスラフを追放し、ヤロスラフはノヴゴロド公となった。しかし翌年、リャザン公グレプの援助を得て、ムスチスラフは再びノヴゴロドへ帰還した。ヤロスラフはヴォロコラムスクへと去った。その翌年にはウラジーミル大公フセヴォロドの攻撃によってノヴゴロドは破壊されるが、その後もヤロスラフのノヴゴロド公位復帰はなく、ノヴゴロド公にはスモレンスク・ロスチスラヴィチ家[注 1]出身の人物が公となっている(1179年までロマン・ロスチスラヴィチ、1180年までムスチスラフ・ロスチスラヴィチ)。

1187年、甥のペレヤスラヴリ公ウラジーミルが子のないまま死亡した後、ヤロスラフはウラジーミル大公フセヴォロドによってペレヤスラヴリ公国へ送られ、1199年に死亡するまでペレヤスラヴリを統治した。ヤロスラフの死後すぐに、ペレヤスラヴリにはフセヴォロドの子のヤロスラフが配置された。

家族・子孫については不明である。

注釈編集

  1. ^ キエフ大公ロスチスラフ1世の子孫。1125年以降のスモレンスク公位を相続し続けた家系。詳しくはru:Мономаховичи#Ростиславичи参照。

参考文献編集

外部リンク編集