ヤロスワフ・カチンスキ

ポーランドの首相

ヤロスワフ・アレクサンデル・カチンスキポーランド語: Jarosław Aleksander Kaczyński1949年6月18日 - )は、ポーランド政治家。弟のレフと共に、一卵性双生児の政治家として知られる。

ヤロスワフ・カチンスキ
Pl-Jarosław Kaczyński.ogg Jarosław Kaczyński[ヘルプ/ファイル]
Jarosław Kaczyński, wicepremier (cropped).png

ポーランドの旗 ポーランド
第三共和政第13代 首相
任期 2006年7月14日2007年11月15日
元首 レフ・カチンスキ

出生 (1949-06-18) 1949年6月18日(73歳)
ポーランドの旗 ポーランドワルシャワ
政党 法と正義
配偶者 なし

経歴編集

学生時代は労働者保護委員会(「連帯」の前身)で、1980年代には「連帯」で政治活動をおこなっていた。

2001年、弟のレフと共に「法と正義」(PiS)を創設し、同年の議会選挙で投票数の9.5パーセントを獲得した。2003年、「法と正義」の党首職を弟のレフと交代した。

2005年9月の議会選挙において、PiSは投票数の27パーセントを獲得し、第一党となった。同年10月、弟のレフを大統領に就任させるため、ヤロスワフは首相候補の座を同じ党のカジミェシュ・マルチンキェヴィチに譲った。

2006年7月7日、マルチンキェヴィチが辞任した後、党政治委員会はヤロスワフを首相に推薦し、7月11日に首相に就任した。これにより、首相が兄・ヤロスワフ、大統領が弟・レフという世界初の「双子政権」が誕生した。

2007年議会選挙において、PiSは最大野党市民プラットフォームに敗れた。この結果を受けて11月26日に市民プラットフォームの党首ドナルド・トゥスクに首相の座を譲り、双子政権は終焉を迎えた。

2010年4月10日、弟レフの乗った政府専用機がロシア西部スモレンスクにて墜落し、レフを含めた政府高官多数が死亡したが(ポーランド大統領専用機墜落事故)、兄のヤロスワフは同行しておらず、難を逃れている。

2013年8月に行われたPiS党大会において、無投票で党首に再選された[1]

政敵トゥスクは2014年12月に欧州理事会議長(欧州連合大統領)に就任。任期満了に伴い2017年3月9日に行われた議長選挙では、反対票を投じトゥスクの再選阻止に動いたものの、他国に同調の動きはなくトゥスクは27対1で再選された[2]

人物編集

独身で婚歴はなく、パートナーや子女もいない。

子供時代、弟レフと共に映画「月をぬすんだ双子」(1962年)に出演。レフはイヤツェック、ヤロスワフはプラツェックの役を演じた。

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ ポーランド政治・経済・社会情勢(2013年6月27日~7月3日)”. 在ポーランド日本大使館 (2013年7月5日). 2013年8月26日閲覧。
  2. ^ “EU首脳会議、トゥスク大統領再選 出身国ポーランドは反対”. ロイター (ロイター). (2017年3月9日). http://jp.reuters.com/article/eu-summit-idJPKBN16G388 2017年3月10日閲覧。 
  3. ^ 東欧の3首相、ウクライナ首都で大統領と会談 リスク冒し鉄道で移動”. BBC (2022年3月16日). 2022年3月31日閲覧。
公職
先代
カジミェシュ・マルチンキェヴィチ
  ポーランド共和国首相
第三共和政第13代:2006 - 2007
次代
ドナルド・トゥスク
先代
ミハウ・ヤニシェフスキ (en)
  ポーランド共和国
大統領事務局長

第2代:1990 - 1991
次代
ヤヌシュ・ジュウコフスキ (en)
党職
先代
レフ・カチンスキ
法と正義総裁
第2代:2002 -
次代
(現職)