ヤングガンガン

スクウェア・エニックスが発行する日本の漫画雑誌

ヤングガンガン』(YOUNG GANGAN)は、スクウェア・エニックスが発行する日本月2回刊青年漫画雑誌。通称「YG」「ヤンガン」など。

ヤングガンガン
YOUNG GANGAN
愛称・略称 ヤンガン、YG
ジャンル 青年向け漫画雑誌
読者対象 男性
刊行頻度 月2回刊(毎月第1・第3金曜日)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 スクウェア・エニックス
編集部名 ヤングガンガン編集部
発行人 松浦克義
編集長 石純一郎[1]
雑誌名コード 889 (雑誌コード:28891)
刊行期間 2004年12月3日 - 刊行中
レーベル ヤングガンガンコミックス
姉妹誌 月刊ビッグガンガン
ウェブサイト YOUNG GANGAN OFFICIALSITE
テンプレートを表示

概要 編集

2004年12月3日に『ガンガンYG』から『ヤングガンガン』に誌名を変更し創刊された。毎月第1・第3金曜日に発売(翌年1月の第1金曜が年始休みとなる場合、12月第3金曜との合併号として、第4金曜に発売される)。

姉妹誌の『月刊少年ガンガン』や『月刊Gファンタジー』出身ないし現在も執筆中の漫画家の作品が多い。ただし、作品冒頭に「この作品はフィクションです」を入れるなど、特異な性質を持つ。[独自研究?]

創刊当初は、『ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章 〜紋章を継ぐ者達へ〜』と『FINAL FANTASY XI〜THE OUT OF ORDERS〜』を看板に据えていたが、後者はわずか3回で連載を中止した。その後は、前者と『すもももももも 地上最強のヨメ』や『黒神』など、ファンタジーまたはコメディに特化した誌面となっている。競合誌と比べても、ドラマ化作品よりもアニメ化作品が多いのも特徴である。ライトノベル等のコミカライズも数多く連載されている。[独自研究?]

2005年Vol.8から、既存の少年・青年漫画雑誌に倣って、新人グラビアアイドルグラビアも掲載するようになり、表紙も連載漫画のキャラクターから、グラビアアイドルに変わっている。不振が続くグラドル業界への新規参入は極めて珍しい。[独自研究?]また、2006年よりワタナベエンターテインメントと共同で新人アイドルオーディション「B-GIRL Audition」を開催している。

2007年6月に増刊号『増刊ヤングガンガン』が発刊されたが、同誌は隔月刊『増刊ヤングガンガンビッグ』へのリニューアルを経て2011年10月より『月刊ビッグガンガン』となり、独立性を強めている。[独自研究?]

2017年3月17日発売の2017年7号より、電子書籍版の配信を開始した。

現在の連載作品 編集

太字はガンガンONLINEにも再掲載される作品。2024年5号現在(2024年2月16日現在)。

月1連載 編集

連載休止中の作品 編集

  • 天使の裁量(いとだまる、2012年9号 - )
  • ゴッホちゃん(マブレックス、2012年22号 - )
  • マリア先生は妹ガチ勢!(里見U、2018年8号 - )
  • EAR'S GIFT-みみかき先生-(九月タカアキ、2020年19号 - )
  • 月ヶ瀬八千詠名言集(原作:まつたけうめ、漫画:栖上ヤタ、2021年19号 - )
  • Vな妹のラブソング(雨沢もっけ、2024年2号 - )

連載終了作品 編集

映像化作品 編集

アニメ化 編集

テレビアニメ
作品 放送年 アニメーション制作 備考
すもももももも 地上最強のヨメ 2006年-2007年 スタジオ雲雀
BAMBOO BLADE 2007年-2008年 AIC ASTA
天体戦士サンレッド 2008年-2009年(第1期) AIC ASTA
2009年-2010年(第2期)
セキレイ 2008年(第1期) セブン・アークス OVA(第1期)、未放送1話(第2期)あり
2010年(第2期)
黒神 2009年 サンライズ 特別編・未放送各1話あり
咲-Saki- 2009年(第1期) GONZO(第1期・第1局 - 第14局)
ピクチャーマジック(第1期・第15局 - 第25局)
OVA(咲日和)、未放送4話(第2期)あり
2012年(第2期) Studio五組
2014年(第3期)
荒川アンダー ザ ブリッジ 2010年(第1期・第2期) シャフト
WORKING!! 2010年(第1期) A-1 Pictures
2011年(第2期)
2015年(第3期)
はなまる幼稚園 2010年 GAINAX
マンガ家さんとアシスタントさんと 2014年 ZEXCS
Dimension W 2016年 Studio 3Hz
オレンジ
月刊ビッグガンガンでも連載
その着せ替え人形は恋をする 2022年 CloverWorks
デッドマウント・デスプレイ 2023年 GEEKTOYS
ユーベルブラット 未公表 未公表 月刊ビッグガンガンでも連載
Webアニメ
作品 公開年 アニメーション制作 備考
+チック姉さん 2011年-2012年 TYOアニメーションズ
バーナムスタジオ

実写化 編集

作品 放送年 備考
荒川アンダー ザ ブリッジ 2011年(テレビ)
2012年(劇場)
ゆうべはお楽しみでしたね 2019年

ヤングガンガンコミックス 編集

ヤングガンガンコミックスは『ヤングガンガン』に掲載された作品を主に収録する漫画単行本レーベル2005年5月創刊。略称は「YG COMICS」。

判型はB6判だが、他レーベルと同様にA5判の作品も一部存在する。

その他 編集

2008年10月、編集部でグラビアを担当していた男性契約社員がmixiの日記において未成年のグラビアアイドルと飲酒したという虚偽の情報、およびオタクを中傷する記述をして問題になった。スクウェア・エニックスはこの契約社員を解雇し、名前を挙げられたアイドルや関係者に謝罪した[16]

脚注 編集

  1. ^ “恋愛マンガからダークファンタジーまで、26人の編集者が回答”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年1月31日). https://natalie.mu/comic/column/462518 2022年1月31日閲覧。 
  2. ^ a b “乃木坂46の久保史緒里ラジオ番組が原案、日常コメディ「野球少女鷲尾@comic」がヤンガンで”. コミックナタリー (ナターシャ). (2024年2月16日). https://natalie.mu/comic/news/561128 2024年2月16日閲覧。 
  3. ^ 不定期掲載の読み切りから連載化。休載後連載再開。
  4. ^ 2013年9号発売後に、作画担当の匣咲いすかの死去が発表された。それ以降連載は中断していたが、作画担当を変更して再開された。再開後はキャラクター原案として匣咲いすかがクレジットされている。
  5. ^ a b 2013年20号までは脚本表記は無く、「漫画:千葉サドルwith樫葉ハルキ」と表記されていた。
  6. ^ 2013年15号に本作の原型となる読み切り「みこみみみみこ」が掲載され、2014年10号にはそれをリメイクした第0話が掲載された。
  7. ^ 「牙の旅商人」ヤンガンで連載再開!藤原カムイのピンナップも - コミックナタリー”. ナタリー (2014年12月5日). 2014年12月6日閲覧。
  8. ^ 2014年6、7、16 - 22、24号に読み切りとして掲載ののち連載化。明確に新連載と表記されたわけではないが、2015年1号から読み切り扱いでなくなっている。
  9. ^ 『不倫少年 誠くん』のタイトルで読み切りとして6話まで掲載され、その後連載化。
  10. ^ 鬼八頭かかしが死去、「たとえ灰になっても」は連載中止に”. ナタリー (2019年2月27日). 2019年2月27日閲覧。
  11. ^ “はっとりみつる「綺麗にしてもらえますか。」最終回、今後は季節ごとの読み切りを掲載”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年6月2日). https://natalie.mu/comic/news/526929 2023年6月2日閲覧。 
  12. ^ 『86 エイティシックス』のコミカライズが連載開始!”. 電撃オンライン. KADOKAWA (2021年4月18日). 2022年8月6日閲覧。
  13. ^ 第1話掲載時のタイトルは『※オナニーしながら描きました♥』。第2話からタイトルが変更された。
  14. ^ a b “三雲ジョージ「清く正しくふしだらに」完結、「地獄に堕ちてよ、お兄ちゃん」も最終回”. コミックナタリー (ナターシャ). (2024年2月2日). https://natalie.mu/comic/news/559428 2024年2月16日閲覧。 
  15. ^ 「CONTENTS」『ヤングガンガン』2023年6号、スクウェア・エニックス、2023年3月3日、ASIN B0BTZ9P5NV 目次より。
  16. ^ 「個人的虚栄心」ヤングガンガン契約社員を解雇 SNS日記問題で”. ITmedia News. アイティメディア (2008年10月18日). 2009年9月20日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集