ヤングマガジンアッパーズ

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

ヤングマガジンアッパーズ』は、講談社がかつて発行していた漫画雑誌

ヤングマガジンアッパーズ
愛称・略称 アッパーズ
ジャンル 青年漫画雑誌
読者対象 20 - 35歳の男性
刊行頻度 月2回刊(第1・第3水曜日→第1・第3火曜日発売)
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
定価 260円
出版社 講談社
刊行期間 1998年4月1日(1998年1号) - 2004年10月19日(2004年21号)
発行部数 公称18万部(2004年メディア・リサーチ・センター調べ)
レーベル アッパーズKC、アッパーズKCDX
姉妹誌 週刊ヤングマガジン別冊ヤングマガジン

目次

概要編集

1998年4月1日創刊。2004年21号(10月19日発売)をもって休刊となった。発売日は、創刊時点の段階では毎月第1第3水曜日、休刊時点の段階では毎月第1第3火曜日。

1980年創刊の『週刊ヤングマガジン』の姉妹誌にあたる。母体となる『週刊ヤングマガジン』には、1986年から1988年頃にかけてヤングマガジン系増刊号が多数発行されたが、『ヤングマガジンアッパーズ』の創刊により定期刊行の派生誌としてはほぼ一本化された。

創刊時のイメージキャラクターに松本恵(現:松本莉緒)を起用。大型広告やプレゼントキャンペーンが行われた。発行後期は下降気味だったものの、公称発行部数は安定していた。

休刊の理由については、当時の『週刊少年マガジン編集長である工富保は「現状維持より他が良くなることを選んだ」と語った[1]

連載作品一覧編集

歴代編集長編集

発行部数編集

  • 1998年:公称60万部[2]
  • 1999年:公称45万部[3]
  • 2000年:公称35万部[4]
  • 2001年:公称28万部[5]
  • 2002年:公称22万部[6]
  • 2003年:公称20万部[7]
  • 2004年:公称18万部[8]

アッパーズKC編集

アッパーズKCは『ヤングマガジンアッパーズ』に掲載された作品を主に収録する漫画単行本レーベルロゴタイプは上向き矢印の中に三段組みで「アッパーズ」「UP's」「KC」の文字が書かれたものが背表紙上部で使われた。その下にコード番号が書かれた。

1998年11月9日創刊。アッパーズ休刊に伴って新規発行停止。初回配本は、『鋼-HAGANE-』(神崎将臣)、『まんちょくスナイパーとどめ』(片山まさゆき)、『恋人プレイ』(玉置勉強)、『水の中の月』(土田世紀)、『さんぴんぶれいく』(史村翔山本隆一郎)の5点となる。

アッパーズKCDXは、アッパーズKCの特装版。他のKCDXが掲載誌関係無くコード番号を割り振られるのに対し、これには独自のコード番号が用意されている。

創刊は1998年12月7日。初回配本は、『援助交際撲滅運動』(山本英夫こしばてつや)の1点となる。

主催賞編集

「UPPERS勝新人漫画賞(アッパーズ新人漫画賞)」の名称で新人賞を開催。

主な受賞者は以下の通り。

有害図書指定編集

鳥取県は県青少年健全育成条例に基づき、2004年17号を青少年に有害な図書類に指定している[9]

脚注編集

  1. ^ 「[編集長に聞く]週刊少年マガジン・工富保さん おしゃれ、涙、感動」『毎日新聞東京本社版』2004年9月3日付夕刊、8面。
  2. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ』1998年版、321頁。
  3. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ』1999年版、335頁。
  4. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ』2000年版、353頁。
  5. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ』2001年版、367頁。
  6. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ』2002年版、350頁。
  7. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ』2003年版、359頁。
  8. ^ 『雑誌新聞総かたろぐ』2004年版。
  9. ^ 鳥取県告示第662号」『鳥取県公報』第7620号、2004年9月14日、2-3頁。