ヤング・ライオンズ

ヤング・ライオンズFC英語: Young Lions FC)は、シンガポールプレミアリーグに参加するシンガポールのサッカークラブである。

ヤング・ライオンズ
原語表記 Young Lions FC
愛称 The Young Lions
クラブカラー
創設年 2002年
所属リーグ シンガポールプレミアリーグ
ホームタウン カラン
ホームスタジアム ジャラン・ベサール・スタジアム
収容人数 6,000
代表者 シンガポールの旗 Eugene Loo
監督 シンガポールの旗 Robin Chitrakar
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

概要編集

ホームスタジアムは、シンガポール南部のカラン地区にあるジャラン・ベサール・スタジアム。マスコットはクラブの名称が示すとおりライオンである。

ヤング・ライオンズはシンガポールにおける23歳以下のサッカークラブである。選手の大部分はシンガポールU-23代表で構成されており、対外的にはこの世代のナショナルチームとしてシンガポールを代表する事になるが、国内リーグにおいてはシンガポールサッカー協会の管理下の下、クラブチームとして運営されている。従って必ずしも「シンガポール23歳以下代表ナショナルチーム」と同一ではない。

シンガポールサッカー協会では、U-23の代表を国内リーグに参加させる事によって、競技レベルの向上と、若年世代の出場機会の増加、対外的な露出増などを狙っている。

クラブとしてシンガポールサッカーリーグに参加するに当たって、外国人プレーヤーを招聘する場合もあるが、クラブの性質上、その外国人プレーヤーはシンガポール国籍に帰化した上で、シンガポール代表の強化に寄与する事が織り込み済み出なければならない。(つまり、シンガポールへの帰化が条件となっている。)

なお、シンガポールFAでは、若手選手の国際経験を積ませるということを目的に、2012年からマレーシアサッカーリーグSリーグとの間で、若手選手育成チームをそれぞれ交換出場させており、マレーシアリーグにはシンガポール・ライオンズXIIを派遣。その多くは、ヤング・ライオンズを含むSリーグ所属クラブからライオンズXIIに移籍している。

歴史編集

2003年からシンガポールサッカーリーグに参加している。

2016年2月、IT企業のガリーナと2年間のスポンサー契約を結び、「ガリーナ・ヤングライオンズ」の名称となった。

Sリーグ成績編集

  • 2003 - 12位
  • 2004 - 3位
  • 2005 - 6位
  • 2006 - 3位
  • 2007 - 5位
  • 2008 - 9位
  • 2009 - 8位
  • 2010 - 9位

タイトル編集

  • なし

関連項編集

外部リンク編集