メインメニューを開く

ヤンネ・トルサ (Janne Tolsa1970年3月7日 - )は、フィンランドヘヴィメタルミュージシャンキーボーディスト)、レコーディング・エンジニア音楽プロデューサー1988年より参加しているタロットのキーボーディストとして著名。また2005年よりメロディックデスメタルバンドエターナル・ティアーズ・オヴ・ソロウに加入している。加えて、インダストリアルメタルバンドのトゥルミオン・カティロット英語版でもキーボーディストとして活動している。更に、バンド活動に加えてテレビ番組で用いられる楽曲作曲家としても活動している。この他に、女性ボーカリスト・マレーネの同名のソロ・プロジェクトでもキーボーディストを務めている。

ヤンネ・トルサ
Janne Tolsa
別名 ランQ (RunQ)
生誕 (1970-03-07) 1970年3月7日(49歳)
 フィンランド
ウーシマー州 ヘルシンキ
出身地  フィンランド
オウル州 ヴオリヨキ
ジャンル ヘヴィメタル
パワーメタル
シンフォニックメタル
メロディックデスメタル
インダストリアル・メタル
グラム・メタル
アリーナ・ロック
エレクトロニック・ボディ・ミュージック
劇伴
職業 キーボーディスト
レコーディング・エンジニア
音楽プロデューサー
作曲家
スタジオオーナー
担当楽器 キーボード
活動期間 1988年 -
共同作業者 タロット
エターナル・ティアーズ・オヴ・ソロウ
トゥルミオン・カティロット
マレーネ
ツイステッド・シスター
ヴァーチュオシティ
ウォーマス
レイジー・ボーンズ
著名使用楽器
KORG Triton Extreme
KORG CX-3
Hammond B-100.

ヤンネは、主にKORG Triton Extreme、KORG CX-3を使っている。また、これらに加えてエンソニックプロテウスキーボード、Hammond B-100も使っている。

これらの音楽活動に加えて、クオピオに所在するレコーディングスタジオ、ノート=ワン (Note-One)のオーナーでもある。このスタジオでは、タロット[1]やエターナル・ティアーズ・オヴ・ソロウ[2]のアルバムのレコーディングも行われた。

目次

略歴編集

ヤンネ・トルサがピアノを始めたのは1977年、7歳の時である。ヘルシンキで音楽を学び始めて3年後、ヤンネは家族と共にフィンランド中央部の街、ヴオリヨキに引っ越す。この地で、音楽の勉強をさらに積み、1983年にヤンネは兄弟と共に初めてのバンド活動も経験している[3]

それから数年後、タロット (Tarot)が『フォロー・ミー・イントゥ・マッドネス』ツアーでヤンネの地元の近くで少しのライヴを行った。同バンドは、このツアー前後にギタリストのマコ・Hが解雇されたため、トリオとなっていた。ヤンネは、すべてのライヴに参加し、ライヴ後のステージ裏でタロットのメンバー[注釈 1]に、自身がタロットの楽曲のキーボードを演奏できると納得させるように活動していた。しかし、彼がしばしば飲酒していたこともあって、バンドはヤンネと取り合わず、彼を信じることはなかった[4]

やがて、タロットは舞台裏のキーボードでライヴを行うようになった。それは、ヤンネが演奏に慣れていた「ローズ・オン・ザ・グレイブ」(『フォロー・ミー・イントゥ・マッドネス』収録)であった。これに感銘を受けて、バンドはヤンネと電話番号を交換し、バンドのリハーサルにヤンネを招いた。その後、1988年6月26日カラヨキで行われたタロットのライヴで、タロットのメンバーとして初めてステージに立っている[5]。その後、1993年にリリースされたタロットの3rdアルバム『トゥ・リブ・フォーエバー』から、作曲録音に携わっている。この後も。タロットではキーボードの演奏に加えて、しばしば作曲を単独もしくは共同で担っている。

2003年には、インダストリアルメタルバンド、トゥルミオン・カティロット (Turmion Kätilöt)に参加。ヤンネは結成メンバーの一人であり、同バンドではランQ (RunQ)というステージネームを使っている。[6]

2005年プダスヤルヴィ出身のメロディックデスメタルバンド、エターナル・ティアーズ・オヴ・ソロウ (Eternal Tears of Sorrow)に招かれた。同バンドは、2002年に一度解散しており、再結成に際してヤンネに加入の打診があった。ヤンネは、同バンドの5thアルバム『Before the Bleeding Sun』から参加し、2006年ニューヨークでのライヴで同バンドでの初めてのステージに立っている[7]

2007年には、女性ボーカリスト・マレーネの同名のソロ・プロジェクトに参加。同プロジェクトには、タロットの同僚、ザシャリー・ヒエタラも参加している。ヤンネは、同バンドの1stアルバム『The Past Prelude』ではミキシングにも携わっている[8]

これらのバンド活動に加えて、クオピオレコーディング・スタジオ、ノート=オンのオーナーである。同スタジオでは、コマーシャルソング効果音バックグラウンドミュージックの録音に使われており、ヤンネが参加するバンドの楽曲の録音も行われている[9]

ディスコグラフィ編集

タロット編集

エターナル・ティアーズ・オヴ・ソロウ編集

  • Before the Bleeding Sun (2006)
  • Children of the Dark Waters (2009)
  • Saivon Lapsi (2013)

マレーネ編集

  • The Past Prelude (2009)

トゥルミオン・カティロット編集

ツイステッド・シスター編集

  • Master and Slave (EP) (2005)

ヴァーチュオシティ編集

  • Secret Visions (2002)

ゲスト参加編集

プロデュースリスト編集

  • Deathchain - Death Eternal (2008、マスタリング)
  • Eternal Tears of Sorrow - Before the Bleeding Sun (2006、エンジニアリング)
  • Eternal Tears of Sorrow - Tears of Autumn Rain (Single) (2009、エンジニアリング)
  • Eternal Tears of Sorrow - Children of the Dark Waters (2009、エンジニアリング)
  • Eternal Tears of Sorrow - Saivon lapsi (2013、レコーディング)
  • Fear of Domination - Call of Schizophrenia (2009、マスタリング)
  • Grönholm - Eyewitness of Life (2010、ミキシング)
  • Nightwish - Showtime, Storytime (Video) (2012、ミキシング)
  • Slave's Mask - Soak Kaos (2014、マスタリング)
  • SoulHealer - Bear the Cross (2014、ミキシング、マスタリング)
  • Tarot - Stigmata (1995、エンジニアリング、ミキシング)
  • Tarot - For the Glory of Nothing (1998、エンジニアリング)
  • Tarot - Suffer Our Pleasures (2003、エンジニアリング、プロデューサー)
  • Tarot - Crows Fly Black (2006、エンジニアリング、プロデューサー)
  • Tarot - Undead Indeed (Live album) (2008、ミキシング、マスタリング)
  • Tarot - Gravity of Light1 (2010、レコーディング、エンジニアリング、ミキシング)
  • The Man-Eating Tree - Harvest (2011、マスタリング)
  • Verjnuarmu - Verta, voemoo ja viitakkeita (Demo) (2002、マスタリング)
  • Verjnuarmu - Laalavat jouset (Demo) (2004、マスタリング)
  • Verjnuarmu - Kurjuuvven valssi (Single) (2005、プロデューサー、エンジニアリング)
  • Verjnuarmu - Muanpiällinen helevetti (2006、エンジニアリング、プロデューサー)
  • Verjnuarmu - Itkuvirsj' (Single) (2006、エンジニアリング、プロデューサー)
  • Verjnuarmu - Turja (Single) (2010、エンジニアリング、マスタリング)
  • Verjnuarmu - Lohuton (2010、マスタリング、エンジニアリング)
  • Virtuocity - Secret Visions (2002、プロデューサー、レコーディング)

注釈編集

  1. ^ マルコ・ヒエタラザシャリー・ヒエタラ、ペキュ・シナリの3名

脚注編集

  1. ^ http://www.metaleater.com/albumreviews-tarot2006.php
  2. ^ http://www.metalunderground.com/bands/details.cfm?bandid=692
  3. ^ Janne Tolsa Profile”. Tarot. 2014年4月2日閲覧。
  4. ^ Janne Tolsa Profile”. Tarot. 2014年4月2日閲覧。
  5. ^ Live Dates Archive”. Tarot. 2014年4月2日閲覧。
  6. ^ Janne Tolsa: The Metal Archives”. Encyclopaedia Metallum. 2014年4月2日閲覧。
  7. ^ Eternal Tears of Sorrow: About”. Eternal Tears of Sorrow. 2014年4月2日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ Marenne at Metal from Finland”. Marenne. 2014年4月2日閲覧。
  9. ^ NoteOn Sound”. NoteOn Studio. 2014年4月2日閲覧。

外部リンク編集