メインメニューを開く

ヤン・スメテルリンJan Smeterlin, 1892年2月7日1967年1月18日 ロンドン[1])はポーランドピアニストショパンシマノフスキの解釈でとりわけ名高く[2][3]、どの作曲家の作品にも増してショパン作品を多く録音した。さまざまなレーベルから音源が発売されている[4]

略歴編集

オーストリア=ハンガリー帝国領だったシュレージエンのビーリッツ(現在はポーランドのチェシン郡ビェルスコ)に生まれる。幼児期から楽才を発揮して7歳で最初の演奏会を行なったにもかかわらず、法学を学ぶことを余儀なくされた。ウィーンで学習中に奨学金を得て、レオポルド・ゴドフスキーの薫陶を受ける。1920年に職業演奏家としてデビューを果たした[5]。後年はディディ夫人とともにニューヨークに暮らしたが、1967年にロンドンに戻って間もなく他界した[6]

スメテルリンは生涯にわたって作曲家カロル・シマノフスキと、音楽家同士として、また友人同士として緊密な関係を保っていた。シマノフスキは『マズルカ集』作品50の第3巻(通し番号で第9曲~第12曲)をスメテルリンに献呈しており[7]、スメテルリンはシマノフスキの作品を頻繁に演奏した。

スメテルリンは料理にも情熱を注ぎ、レシピ集を執筆した。但し出版されたのは死後のことである。

編集

  1. ^ Baker's Biographical Dictionary of Musicians, Seventh Edition, Revised by Nicolas Slonimsky, Schirmer Books, New York, 1984, page 2151.
  2. ^ The International Piano Archives at The University of Maryland, biographical description with collection
  3. ^ The New York Times, obituary, "Jan Smeterlin, Pianist, 74, Dead," January 20, 1967, page 37
  4. ^ The International Piano Archives at The University of Maryland, biographical description with collection
  5. ^ The International Piano Archives at The University of Maryland, biographical description with collection
  6. ^ The International Piano Archives at the University of Maryland, biographical description with collection.
  7. ^ "Correspondence and Essays," by Karol Szymanowski, Jan Smeterlin, B. M. Maciejewski, Felix Aprahamian, Allegro Press, 1969