メインメニューを開く
ヤン・ダーメン(1950年)

ヤン・ダーメン(Jan Damen[1], 1898年6月30日 - 1957年12月20日[2])は、オランダヴァイオリン奏者

オランダ南部のブレダの生まれ。ハーグ王立音楽院でアンドレ・スポールに師事した後、ベルリンに行き、カール・フレッシュの薫陶を受けた。1920年から1922年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターを務め、1924年からシュターツカペレ・ドレスデンのコンサートマスターを務めた。1946年から2年間ヨーテボリのオーケストラでコンサートマスターを務めた後、亡くなるまでアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団のコンサートマスターの任にあった。

アムステルダムにて没。

脚註編集

  1. ^ ドイツで活動していた頃は、Dahmenという綴りも用いていた。(Robert Brouwer Turning the pages, Kahn & Averill, 2004, p.105)
  2. ^ [1]