ヤン・デ・ボン

オランダの映画監督、撮影監督

ヤン・デ・ボンJan de Bont, 1943年10月22日 - )は、オランダ出身の撮影監督・映画監督。主に1980年代から1990年代にかけてハリウッドで活躍した。

ヤン・デ・ボン
Jan de Bont
Jan de Bont
1973年
生年月日 (1943-10-22) 1943年10月22日(77歳)
出生地 オランダの旗 オランダアイントホーフェン
国籍 オランダの旗 オランダ
配偶者 モニーク・ファン・デ・フェン(1977年 – 1988年)
トリッシュ・リーヴス
テンプレートを表示

略歴編集

オランダアイントホーフェン出身。『ダイ・ハード』(1988年)、『ブラック・レイン』(1989年)、『レッド・オクトーバーを追え!』(1990年)『氷の微笑』(1992年)などで撮影監督を務め、1994年の映画『スピード』で監督デビューした。監督第2作としてハリウッド版『GODZILLA』(1998年)の準備に取りかかっていたが、製作費がかかり過ぎると酷評され、降板した[1]

主な作品編集

監督作品編集

撮影作品編集

プロデュース作品編集

出典編集

外部リンク編集