ヤン・ボト(Jan Dirksz. Both、1610年から1618年の間生まれ、1652年8月9日没)はオランダの画家、版画家である。イタリアの風景を題材に描いた17世紀のオランダ画家の一人である。

ヤン・ボト
Jan Both
Jan Both - gulden cabinet.png
Cornelis de Bieの著書「Het Gulden Cabinet」の肖像画
生誕1610年から1618年の間
ユトレヒト
死没1652年8月9日
ユトレヒト

略歴編集

ユトレヒトで生まれた。父親は工芸家で、兄弟に風俗画の画家になるアンドリエス・ボト(Andries Both: 1612/1613–1642)がいる。父親から美術を学んだ後、アブラハム・ブルーマールトの工房で学んだ後、兄弟はフランスを経由してローマに修行に出た[1]。ユトレヒトの人物画家、ヘラルト・ファン・ホントホルストにも学んだともされている。

1638年にアンドリエス・ボトとローマにでて、アンドリエスはバンボッチオ(ピーテル・ファン・ラール)の追随者として風俗画を専門とし、ヤン・ボトはクロード・ロランの影響を受けて風景画家となった[1] 。ローマで働くオランダやフランドル出身の画家達のグループ、「Bentvueghels」はお互いを仇名で呼び合うのが通常であったがポト兄弟の仇名は知られていない[2]

1639年にヤン・ボトはヘルマン・ファン・スワーネフェルト、クロード・ロランとマドリードのブエン・レティーロ宮殿のための装飾画を描いた。1641年にヤン・ボトはユトレヒトに戻るが、1642年にアンドリエス・ボトはヴェネツィアで事故で亡くなった。

ヤン・ボトの風景画の作品はアルベルト・カイプなどの多くのオランダの画家に影響を与えたとされる。弟子にはBarend Bispinck (1622–after 1658)やWillem de Heusch (c. 1625–1692)、Hendrik Verschuring(1627–1690) がいる[2]

作品編集

参考文献編集

  1. ^ a b Jan & Andries Both biography in De groote schouburgh der Nederlantsche konstschilders en schilderessen (1718) by Arnold Houbraken, courtesy of the Digital library for Dutch literature
  2. ^ a b Jan Dirksz Both in the RKD

外部リンク編集