ヤン・ヨセフ・スワガー

ヤン・ヨセフ・スワガーJan Josef Švagr1885年 - 1969年)は、チェコ出身の建築家。1923年に同じくチェコ人建築家のアントニン・レーモンドの設立した米国建築会社の一員として来日したとされ、主に日本で多くの作品を残す。戦禍のため、1941年4月に中南米に渡った。姓「Švagr」の発音は、チェコ語ではシュヴァグルである。

主な作品編集

脚注編集


外部リンク編集