ヤン=レナルト・シュトルフ

この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ヤン=レナード・ストルフ

ヤン=レナルト・シュトルフドイツ語: Jan-Lennard Struff , 1990年4月25日 - )は、ドイツヴァールシュタイン出身の男子プロテニス選手。これまでにATPツアーでダブルス2勝を挙げている。身長193cm。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。自己最高ランキングはシングルス29位、ダブルス21位。ストルフの表記揺れがある。

ヤン=レナルト・シュトルフ
Jan-Lennard Struff
Tennis pictogram.svg
Struff RG19 (51) (48199018591).jpg
ヤン=レナルト・シュトルフ
基本情報
フルネーム Jan-Lennard Struff
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 ドイツの旗 ヴァールシュタイン
居住地 同・ヴァールシュタイン
生年月日 (1990-04-25) 1990年4月25日(31歳)
身長 193cm
体重 92kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2009年
ツアー通算 2勝
シングルス 0勝
ダブルス 2勝
生涯獲得賞金 6,528,805 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 2回戦(2018)
全仏 4回戦(2019)
全英 3回戦(2018・19)
全米 3回戦(2018・20)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2018)
全仏 2回戦(2017)
全英 ベスト8(2018)
全米 2回戦(2014)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 ベスト8(2018)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 29位(2020年8月31日)
ダブルス 21位(2018年10月22日)
2020年9月4日現在

来歴編集

2018: ダブルス ツアー初優勝編集

全豪オープンマクラクラン勉とのパートナーを組むと、準々決勝で第1シードルカシュ・クボット/マルセロ・メロ組に勝利し、ベスト4に勝ち進んだ。

ジャパン・オープン・テニス選手権では、シングルスで第1シードのマリン・チリッチに勝利し、準々決勝のデニス・シャポバロフ戦も第2セットを取るも 4-6, 7-6(7), 4-6 で敗れた。ダブルスでは、第4シードでマクラクラン勉と出場し、決勝のレイベン・クラーセン/マイケル・ヴィーナス組に 6-4, 7-5 で勝利し、初のATPツアー優勝を果たした[1]

ATPツアー決勝進出結果編集

ダブルス: 3回(2勝1敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ATPファイナルズ (0–0)
ATPツアー・マスターズ1000 (0–0)
ATPツアー・500シリーズ (1–0)
ATPツアー・250シリーズ (1–1)
サーフェス別タイトル
ハード (2–1)
クレー (0–0)
芝 (0–0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2018年1月13日   シドニー ハード   ビクトル・トロイツキ   ルカシュ・クボット
  マルセロ・メロ
3–6, 4–6
優勝 1. 2018年10月7日   東京 ハード(室内)   マクラクラン勉   レイベン・クラーセン
  マイケル・ヴィーナス
6–4, 7–5
優勝 2. 2019年1月12日   オークランド ハード(室内)   マクラクラン勉   レイベン・クラーセン
  マイケル・ヴィーナス
6–3, 6–4

4大大会成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A P WG Z# PO G S SF-B NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, P=開催延期
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, SF-B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

シングルス編集

大会 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 通算成績
全豪オープン A A LQ 1R 1R LQ 1R 2R 1R 1R 1–6
全仏オープン A A 1R 2R 1R 1R 1R 2R 4R 5–7
ウィンブルドン A A 2R 1R 1R 1R 1R 3R 3R NH 5–7
全米オープン LQ A 1R 2R LQ 1R 1R 3R 2R 3R 6–7

ダブルス編集

大会 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 通算成績
全豪オープン A 1R A 1R SF 1R QF 7–5
全仏オープン A 1R A 2R 1R 1R 1–4
ウィンブルドン 2R A 2R 1R QF 1R NH 5–5
全米オープン 2R A A 1R 1R 1R 1R 1–5

脚注編集

  1. ^ Struff/McLachlan Triumph In Tokyo For First Team Title”. atptour.com (2018年10月7日). 2020年9月5日閲覧。

外部リンク編集