ヤーコブ・マレル

ヤーコブ・マレル(Jacob Marrel、姓は Morellまたは Morellとも[1]、1614年ころ - 1681年)はドイツの画家である。主に静物画を描いた。作品にはラテン名の、Jacobus Marrellusと署名した。

ヤーコブ・マレル
Jacob Marrel
Jacob Marrel Selbstportrait.jpg
自画像
生誕1614年ころ
フランケンタール
死没1681年
フランクフルト・アム・マイン

略歴編集

1813年か1814年に現在のドイツ、ラインラント=プファルツ州のフランケンタールの役人の息子に生まれた。1824年に父親が亡くなった後、家族とフランクフルト・アム・マインに移った。フランクフルトで1827年ころから静物画を専門とする画家、ゲオルク・フレーゲルに5年ほど、絵を学び、静物画に魅了されて、1632年にオランダに移り、ヤン・ダーフィッツゾーン・デ・ヘームの弟子になり、1650年までオランダで働いた。1650年にフランクフルトに戻り、版画家、出版社主、マテウス・メーリアンの未亡人と結婚した。結婚相手の連れ子が後に有名な博物画家になるマリア・ジビーラ・メーリアンで、マレルはメーリアンに絵画を教えた。

1660年に弟子のアブラハム・ミグノン(1640年-1679年)とユトレヒトに移った。マレルは絵の描き方に関する小冊子を出版し、画商としても働いた。その後、ユトレヒトで画商を1669年まで続けながら、フランクフルトで花の絵画の学校を開いた。

作品編集

編集

  1. ^ そのほかに: Jakob Marrel, Jakob (d. J.) Marrel, Jacob Marrell, Jacob Marrellus, Jakob Marrellus, Jakob Marsell, Jacob Marzell, Jakob Marzell, Jacob Moral, Jacob Moreel, Jacob Morrel, Jakob Morrel, Jacob Morsel, Jacob Murelなどに綴られることもある。

参考文献編集

  • Liesbeth Missel, curateur de la bibliothèque Wageningen UR, « Sources on the Dutch tulip history » [archive]
  • Hilliard T. Goldfarb, « Un éclatant bouquet par Jacob Marrel », Revue M du musée des beaux-arts de Montréal, hiver 2016, p. 15 (ISSN 1715-4820).