メインメニューを開く

ヤーセル・アラファト国際空港(ヤーセル・アラファトこくさいくうこう、アラビア語: مطار ياسر عرفات الدولي‎、Yasser Arafat International Airport)は、パレスチナ自治区ガザ地区にある国際空港

ヤーセル・アラファト国際空港
مطار ياسر عرفات الدولي
アラファト国際空港
IATA: GZA - ICAO: LVGZ
概要
国・地域 パレスチナの旗 パレスチナ
所在地 ガザ地区ガザ
種類 官民
運営者 パレスチナ公団
標高 98 m (320 ft)
座標 北緯31度14分32.55秒 東経34度16分23.18秒 / 北緯31.2423750度 東経34.2731056度 / 31.2423750; 34.2731056座標: 北緯31度14分32.55秒 東経34度16分23.18秒 / 北緯31.2423750度 東経34.2731056度 / 31.2423750; 34.2731056
滑走路
方向 長さ (m) 表面
01/19 3,080 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

目次

概要編集

パレスチナ自治政府初代大統領のヤーセル・アラファートにちなんで名付けられた。ガザ国際空港(ガザこくさいくうこう)またはダハニーヤ国際空港(ダハニーヤこくさいくうこう)とも呼ばれた。

沿革編集

パレスチナ公団によって所有・運営され、パレスチナ航空ハブ空港として使われていた。現パレスチナ領では唯一の空港であった。1998年に開港したが、2001年イスラエル軍の空爆によりレーダー施設や空港ビルが破壊され閉鎖されている。

この空港は日本エジプトサウジアラビアスペインドイツの資金援助によって建設、モロッコの国王ハサン2世の資金援助の元、カサブランカ国際空港をモデルにしモロッコ建築家によって設計された。1998年の開港式には、アラファートとアメリカ大統領(当時)のビル・クリントンが出席し、パレスチナ和平プロセスの進展を印象づけたはずであった。

定期便航空会社編集

現在は休止中


関連項目編集